ホーム > 特派員取材企画 > ご利益ヨロシク

ご利益ヨロシクのアーカイブ

堂崎天主堂

福江島を代表する教会と言えば、第一に名前が上がるのは、奥浦地区にある堂崎教会でしょう。

信仰の自由が認められてからすぐの明治12年、マルマン神父によって仮の聖堂が建てられて、福江島における

宣教活動の拠点になりました。

その後、ペルー神父の指導によって、鉄川与助も一人の大工として参加した赤レンガ造りの、現在の天主堂が

明治41年に完成しました。

現在は、カクレキリタンの資料館となってミサなどには使われていないので、残念ながら教会群の世界遺産候補からは

はずれてしまいましたが、五島を代表する教会のひとつで、毎年、多くの観光客の皆さんが訪れています。

教会は穏やかな奥浦湾の入り口に建っていますが、駐車場の前の入り江には、こんな可愛らしい岩がまるで夫婦か

カップルのように寄り添っています。

マルマン神父とペルー神父の像です。

その横には、26聖人の殉教者の一人であるヨハネ五島の像もあります。

そして木々の緑の中には、マリア様が。

堂崎天主堂の先には堂崎民族資料館があって、昔の生活雑貨や信仰の痕跡などを展示しています。

狭い海峡の向こうには、久賀島。

海岸沿いを走る車もはっきり見えるほど近くにあります。

五島特派員 庄司好孝

江上教会に行ってきました

ユネスコの諮問機関イコモスの方が先月末から長崎県に来て、キリスト教関連の世界遺産登録の調査を始めましたね。先日は五島に来たみたいですけど、やっぱり気になります。

五島からは五輪教会と江上教会が登録の候補に挙がっています。

そこで、行ってきましたよ。江上教会へ。

左に見えるのは、今は廃校になってしまった江上小学校です。その奥の森の中にひっそりとたたずむのが江上教会です。

教会に上がる手前の一本の木の枝が、ある一点からだけハートに見えるんですけどわかりますか。

画面中心の少し右です。わかった人にはなんかいいことがありますように・・・。見つけれなかった人にもそれなりのいいことが・・・。

僕が訪れたときに、折り良く関東地方からの観光の方々がいらしてて、天主堂で賛美歌を歌っていました。

教会の隣には教会守さんが住んでいらして、その方が事前に申し込みがあった観光客の皆さんに賛美歌を教えているんだそうです。

この方の毎日のお世話で教会の周りはきれいにされていました。

大雨があると教会の周りの森に4つの滝が出現するんだそうです。残念ながら観光で訪れる方々が、この滝を見るのは困難でしょうね。

 

玄関の模様はステンドグラスではなくて木彫りに彩色したものです。

開放した窓から賛美歌が聞こえてくるのは素晴らしく至福の時間でした。

善人にならねば。

 

江上教会に行かれる場合は、奈留港からタクシーかレンタカー、もしくはレンタルバイクでおよそ15分程度です。

僕もジオラマを作ってみました。

五島特派員 庄司好孝

空海ストーリー。その2「大宝寺」

空海の話を書くんだったら、ホントは最初にこの大宝寺を書くべきでした。なんといっても「西の高野山」なんですから。

大宝寺の縁起では、はるか昔に(ということは年代はわからないということです)天竺のマガダ国から仙人が聖観音様を奉持して、この大宝の地に上陸して、

草庵(こざっぱりしたあばら家みたいな感じだったのかな・・)を建てて観音院としたそうです。その後大宝元年(701)に、当時の中国王朝・前漢が倒れてごちゃごちゃしていた中国の震旦という国から、道融和尚が三輪宗を広めるために日本に向かう途中で遭難して、この地に漂着したのでやむをえず大宝に留まる事になりました。(なんだか小難しい話になってすみません)

この事件?を聞いた第41代の持統天皇が、むちゃくちゃ豪華な伽藍を建立して道融和尚のために三輪宗弥勒山大宝寺としました。

お待たせしました。ここから空海の登場です。

第16次遣唐使派遣で入唐した空海は真言密教の秘法一切を習得して意気揚々と帰国の途についたのですが、嵐にあって命からがらこの三輪宗弥勒山大宝寺の目の前にある浜に漂着したのです。

そこで、命が助かったのもひとえに真言密教のおかげだ(と思ったかどうかは知りませんが)と、日本で始めてこのお寺で真言密教の講筵(こうえん)を行って、三輪宗を真言宗に改めさせました。このために大宝寺は西の高野山と呼ばれてるんです。

お疲れ様でした。

これで四国88箇所巡りもできるんです。

五島は、カトリック教会の島だと思われてるかもしれませんが、神社仏閣にも歴史ある史跡がいっぱいあるんですよ。

ちなみに、はるか昔に仙人が奉持した聖観音様は、善光寺、浅草寺と並んで日本三聖観音様といわれています。

五島特派員  庄司好孝

五島最古の神社

五島で最も古い神社は、持統天皇時代の695年に建立された五社神社です。五島家の始祖、家盛が宇久島で宇久家を起こしたのが1187年ですからそのはるか昔から五島にあったんですね。江戸時代初期に末社4社を合祀してから現在の五社神社になったみたいです。場所は建立当時と同じく現在の上大津町で、創健時のままに御神体・漢鏡一面などの宝物が残されています(見たことはないですが)。

石の鳥居(肥前型鳥居というそうです)もいかにも古く、参道は苔むしています。

手水もすごくきれいで、ちょっとビックリしました。時々そうじゃない神社がありますよね。

歴史の重みも共に担ぐんでしょうね。

いかにも重そうです。

こちらが本殿。 私もお賽銭を入れて「なんでもいいので小さな喜びをお願いします」と願掛けをしてきました。

相撲はそもそも神事だったので、歴史ある神社には必ず土俵があります。

あれ? バーキュー炉じゃないですかー?

違いますね。バチが当たりそう。

その昔はこの神社の近くまでが入江になっていたそうで、すぐ裏手からは弥生・縄文の遺跡が発掘されています。

五社神社は福江港から空港方面に、車で五分ほどです。

五島特派員 庄司好孝

私が好きな教会です

ご存知のように、五島は鉄川与助を生んだ島なので、教会は島のいたるところに建っています。

その中でも、私が一番好きな教会が、岐宿町にある水の浦教会。

大浦天主堂によく似ていますが、木造瓦葺で白いペンキの外観は海際に良く似合います。目の前は穏やかな水の浦漁港。

これは私の水彩画です。

水の浦漁港の高台に建っています。

右奥の建物は修道院です。そしてこの写真を写した場所はカトリック墓地。26聖人の一人ヨハネ五島の墓碑がある場所です。

昭和41年頃の水の浦天主堂です。

実は、この教会の建築には私が小さい頃に可愛がってもらった近所の大工さんもかかわっていました。

てっぺんの十字架の架台工事は半端なく怖かったらしいです。

パワースポットというよりは、清浄な空気に包まれる場所だと思います。

五島特派員 庄司好孝

畑の中の教会

五島における、いや日本における教会建築の父「鉄川与助」(20日の五島の人々テーマでご紹介します)が造った50棟と言われている教会の一つ、楠原教会です。

鉄川与助が造った教会の5棟目にあたります。

続きを読む

五島は空海ストーリーの宝庫です

空海。言わずと知れた真言宗の開祖です。諡(おくりな)は弘法大師。司馬遼太郎の「空海の風景」にも当時の福江島の克明な説明が書かれています。

空海が「死ヲ冒カシテ海ニ入ル」とまで覚悟を決めて、唐へ向けて出帆したときの感動の言葉「本涯ヲ辞ス」(辞本涯)の像は三井楽町柏の崎に立っています。

嵐に見舞われるなど、苦難の末に帰朝した空海は、上陸した浜に建つ大宝寺で本邦初となる真言密教の講筵(こうえん)を行いました。以来、大宝寺は西の高野山としてあがめられています。このお寺については機会をみてレポートしますね。

今回はその空海がらみで、空海が名づけをした五島家の祈願寺「明星院」のレポートです。

続きを読む

初詣は岐宿町の巌立神社

平成27年の元旦、と言いたいところですが、正月2日に福江島の西北に位置する岐宿町の巌立神社に初詣に行ってきました。 

続きを読む

五島の守り神

実は五島には守り神がおるとです。それは・・・コレです!

続きを読む

五島のお盆

五島では、お盆になると夜お墓に家族が集まります。墓石の周りを木の枠で囲い、そこに提灯をつるして灯りをともします。どこの墓も同じです。お盆の3日間、夕暮れになるとそれぞれのお墓に、それぞれの家族が集まり、提灯をともす。線香を立ててご先祖様に手を合わせます。そして、親類のお墓や、親しかった人のお墓にも線香をたててまわります。そこで、しばらく会っていなかった親類の人たちと近況を報告しあったりします。子どもたちは、お墓の敷地内で花火をします。爆竹も鳴り響くので、お墓中、けっこうにぎやかです。

お墓に集まるしきたりは、五島の人にとってとても大切なものなので、お盆の3日間は、都会からたくさんの人が帰ってきます。街は急ににぎわいます。同窓生と会ってお酒を飲んだりするのもこの時期ならでは。島の人と人、都会に出た人と島の人を、お盆がつなぎあわせている。ご先祖様たちのたくらみなのではないか、とさえ時々思います。

そんなわけで、私は、お盆のときに墓にいるのがとても好きです。なんだか落ち着きます。いろんな人に会うことで、自分がだれなのかを再確認しているようにも感じます。最終日の15日には、提灯をつけていた木の枠を取り外します。島を離れている人たちは、「来年もまたくるけんね」とお墓に声をかけて、その場を去ります。観光客の方たちはなかなか目にすることはないと思いますが、私の中で、お盆の夜のお墓は、五島の中でもいちばんオススメしたいくらいの名所です。

小学生おすすめ!香珠子の海

ふと思いました。子どもが、五島のよいところを紹介するとしたら、どんな場所を紹介したいんだろう?と。そこで小学6年生の娘に聞いてみました。答えは、「香珠子!」。香珠子と書いて、「こうじゅし」。福江島の市街地から、南へ約20分の海水浴場です。まず、なんといっても「ソフトクリームがおいしいところがいい!」のだそうです。「あの、なんだっけ、いがり?・・・にがり?それそれ!それが入ってて、しかもね、味が一週間ごとに変わるんだよ!私が好きなのは、チョコとバニラのミックスで・・・」と娘は興奮気味に話しております。

続きを読む

西の果て、のそのまた西へ。

五島列島は、本州から見ると西の端にあります。福江島はその中でもいちばん西側に位置し、その福江島からさらに西へ行くと、嵯峨ノ島(サガノシマ)という小さな島があります。

続きを読む

五島名物、もらいもの。

五島のおいしいものと言えば「もらいもの」です。お魚、野菜など、いろんなものが家から家へとまわります。家に帰ってくると、勝手にだれかが玄関先に置いていってた、ということもしばしばあります。都会ならきっと高価な、新鮮な海の幸、山の幸がカンタンに手に入る。そんな人のつながりがある。それも島暮らしのいいところですよね。つい先日も、実家の母がハマグリを持ってきてくれました。「たくさんもらったから」と持ってきてくれたのですが、誰からもらったのかは聞き忘れました。なんにせよ、おいしそうな冬のハマグリをたくさんゲットです。ありがとうございます、どこかのだれかさん!

続きを読む

頓泊海水浴場に来てみませんか?

夏まっさかり!ですね。五島も暑い日がつづいています。さて、今日は五島の夏のパワースポットとして、「頓泊海水浴場」を紹介したいと思います。頓泊と書いて「とんとまり」と読みます。
私の暮らしている五島・福江島でいちばん有名なビーチといえば、「高浜海水浴場」なのですが、そこから岬をひとつはさんで隣にあるのが、頓泊海水浴場です。 見てください、この透きとおる海!市街地から車で走ること30分。 この透きとおる海が目に入った瞬間、子どもたちは自然と駆けだし、着ている服を投げ捨てながら、 ざぶーん!と飛びこみます。こらこらーと言いながらも、大人たちも後につづくのです。

続きを読む

パワースポット~黄島~

 

今回のパワースポットは、福江港から船で30分の場所にある黄島をご紹介します。

続きを読む

パワースポット~貝津教会~

今回の五島パワースポットは、三井楽町にある「貝津教会」を御紹介します。
貝津教会は、市街地から車で約25分の場所にあります。五島の中では特に有名ではなく、小さな木造の教会です。
 

続きを読む

パワースポット~五社神社~


今回の五島パワースポットは、五島で最も古い神社『五社神社』をご紹介します。

毎年、初詣は五社神社にお参りしていて、今年も行ってきました。
神社の中へ入ると、神聖な空気が体の中まで染み込み、気持ちが落ち着きます。
 

続きを読む

パワースポット~大宝寺~

福江島の南西端、玉之浦町大宝にある大宝寺。
大宝元年(701年)創建。大同元年(806年)、空海が遣唐使として大陸に渡った帰りに、大宝寺に滞在し、真言宗を開きました。
空海が来たことにより、大宝寺もそれまでの三論宗から真言宗に改宗しました。
西の高野山とも呼ばれていて、五島八十八ヶ所霊場巡拝の八十八番目の地でもあります。
五島では最も古い歴史を持つお寺なのです。

続きを読む

パワースポット~三井楽町淵ノ元~

第4回、五島のパワースポットは、福江島の北西端、三井楽町淵ノ元をご紹介します。
ここ三井楽(みいらく)は、いにしえの頃「みみらく」と呼ばれていて万葉集にも登場しています。また、遣唐使が最後に立ち寄った場所でもあります。何もないこの場所は当時とさほど変わらないはず。そうなると、遣唐使が観た景色を観ているのかも知れませんね。

海沿いに広がる緑があります。高崎草原です。草原に立つと、目の前には、遣唐使船が通った東シナ海が見渡せます。東シナ海の荒波で作られた海蝕崖を観ることもできます。

草原の中に、郷土菓子のカンコロ餅の芋を干す、カンコロ棚がありました。ここで干されて作られるカンコロ餅は太陽と海の恵みをたくさんもらって、より一層美味しいかも知れません。私も寝ころんで、太陽と海の恵みをたっぷりいただきました。

 

続きを読む

パワースポット~高浜海水浴場~

 

五島といえば白い砂浜とエメラルドグリーンの海。

五島のパワースポット3回目は、三井楽町にある高浜海水浴場をご紹介します。

夏も過ぎたし季節外れでは・・・?と思う方もいるでしょう。

夏の賑やかな海も、もちろん最高に気持ちがいいのですが、今回はこれからの季節にぴったりな、癒しの海をご紹介します。

高浜海水浴場は、日本の渚100選、環境庁の日本の海水浴場55選にも選ばれていて、2004年の日経新聞では、日本で1番美しい海水浴場にも選ばれました。

シーズンが終わった秋の海辺は、波の音しか聞こえないので、なにも考えずにボーっと過ごすことができます。 続きを読む

1 / 212

ホーム > 特派員取材企画 > ご利益ヨロシク

カレンダー
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
五島

ページの上部に戻る