ホーム > 特派員取材企画 > ながさき大漁旗!

ながさき大漁旗!のアーカイブ

五島の(旬の)お魚カレンダー

五島さかなまつり実行委員会が発行している、五島の月ごとの旬を味わえる、お魚案内のリーフレットがあります。

ご存知の通り、五島近海は魚の宝庫。

だから、旬の魚を12匹だけ選ぶのはすごく悩んだと思います。

例えば、今の時期だとクロとか鰆(サワラ)は惜しくも落選しています。

それだけ五島で旬の魚チャンピオンになるのはハードルが高いということなんでしょうね。

まずは1月~4月のチャンピオンたちです。

続いて5月から8月。ハガツオは僕が大好きな魚。ニンニクスライスを付け合せに食べるので、

周りに迷惑をかけています。

9月から12月です。ウチワエビは身をほぐすのがちょっと面倒臭いけど味は絶品です。

リーフレットは長崎県五島振興局にある五島市水産課でいただきました。

五島特派員 庄司好孝

五島市一帯の釣り大会

2月21日の日曜日に、五島市の磯釣り大会が開催されます。

対象魚は、メジナとエギングで吊り上げるイカ(今の季節だとミズイカ)。

詳しくは、下のチラシをご覧ください。

毎年恒例で、島外の釣り自慢の人たちも多数参加されています。

磯釣りのメッカ、五島で入賞されたら鼻を高々と伸ばす権利が手に入ります。

ちなみに、ミズイカはそこら辺の防波堤でも、割と上がっていますよ。

我と思わん方は、ぜひご参加ください!

話は変わりますが、先日こんな立派なタイをいただきました。

釣ったのは、お好み焼き居酒屋のマスター店長「よっちゃん」。

異常な暑がりの彼は今の季節でも、仕込み姿は黒のタンクトップです。

サイズは左上の黒い手袋が目安です。

五島特派員 庄司好孝

 

五島の釣り場情報

寒くなってくると、我が家には毎年ブリのおすそ分けがあるので、冷たい風もまた楽しの気分になります。

今月も既に3回目のおすそ分けをいただきました。

アラはもちろん塩焼き用に冷凍保存。腹身は刺身が絶品です。  そして赤身は刺身に良し、塩焼き・照り焼きに良し、水炊きにしても良し。

とりあえず今晩は水炊きで一杯いただきます。

さて、今月から来月にかけての五島の釣り場情報です。

情報提供は今回も「ブルーマリン」さんです。

 

残念ながら今月は釣りファンにはあまりいい月ではなさそうです。

今の時期は黄島美漁(びろう)で石垣鯛。

サイズは500g~2㎏。 釣果は釣れる人で20枚ほど。

でも来月に入ると待望のクロが上がります。

12月の始め頃は、崎山鼻周辺と玉之浦の大宝周辺で300g~1.5㎏サイズが、釣れると40枚ほども上がるそうです。

それ以降は4月くらいまでクロのシーズンで年明けからは地図の赤いラインに沿ってクロが北上していきます。

みなさん頑張って釣りあげてくださいね。

五島特派員 庄司好孝

五島ならではの釣具とは

DIY大好き人間の僕は、ほぼ毎日といってもいいくらいホームセンターに行っています。

買うものがなくてもホームセンターに行きたがりなんです。

工具や材料を見てると夢が膨らんでワクワクするんですねー。  それはどうでもいい話でした。 今回は釣りネタです。

釣りの島!でもある五島には釣具店はかなりあると思いますが、今回ご紹介するのはホームセンターの釣具コーナーです。

上五島に本社があるドゥーイング・グループのホームセンター「オサダ」さんです。

広い店内に入って右半分ほどが釣具コーナーです。かなりのスペースです。

さて、タイトルに書きましたが、五島ならではの釣具(正確には釣具じゃないですけど・・)とは?

これです!  わかりますか?

答えはイソカン(五島だけの呼び方ですかね)。

海に潜ってアワビ!やサザエなどを採る道具です。

都会の釣具ショップには置いてなさそうです。

オサダ釣具コーナーの一押しはエギの充実ぶりだそうです。(部長さんに聞きました)

話の通り、エギ、エギ、エギ。エギだらけ。

 

 

でも、エサも充実してます。

 

 

 

もちろん、ウェアから道具もいっぱい展示されています。

 

 

こんなでかいタモを使えるといいですね。

こんなサイズのクーラーボックスも使えるといいですね。

でも、とりあえずはこんなセットで釣りを始めてみてはどうですか。

福江港大波止にフェリー太古が停泊しているときは、岸壁とフェリーの間にはいつもアジがいっぱい泳いでいますよ。

五島特派員 庄司好孝

福岡の小学2年生大漁!

福岡でデザイン会社を経営されている佐々木さんと、お子さんのかいあ君が初めての五島訪問で、これまた初めての海釣りに挑戦しました。

遊魚船は福岡からIターンで五島生活を始めて、憧れだった釣り船の運営をしている渋田さんの「恵美寿丸」です。

ちなみに、この少年たちは「恵美寿丸」に見惚れてる五島のキッズです。

 

船長の渋田さん。クーッ!サワヤカだなー。

今日の漁場は岐宿町沖にある無人島の姫島周辺です。ー実は私も子供の頃に伝馬船を漕いでよく釣りに行っていた所です。-

開始早々、お父さんに続いてかいあ君にもこんな大物がヒット!おー、こいつはハタの仲間ですね。

見てください。このドヤ顔。

 

生まれて初めての海釣りでスゴイぞ! 釣らせる五島の海もスゴイぞ!

潮目や天候、そしてもちろん船長の渋田さんの腕にも恵まれて半日での釣果がコレです!

ほとんどが高級魚のアカジョでした。この魚は焼くとホクホクとした白身が素晴らしく美味しいんです。鍋も最高!

私もちゃっかりとおすそ分けを頂きました。ごっつぁんです。

結局、佐々木さんたちは当初1日だけの予定だった船釣りを翌日も「恵美寿丸」をチャーターしてるんるん。五島観光はどうでもよかったみたいでした。

次はしっかりと観光も予定に入れてくださいね。

「恵美寿丸」渋田船長のブログです。

五島特派員 庄司好孝

漁師さんと磯遊び

今日も暑い!ですね。 そこで(家内が)玉之浦町に住む友人の漁師さんと、玉之浦町へ磯遊びにでかけました。

こんなにきれいな磯です。

でも、このパラダイスに行くためには、こんな山道を下って行かないとダメなんです。

へっぴり腰(たぶん)でようやく目指すポイントに到着です。

サザエやアワビ(期待!)を採る道具はこれです。五島ではイソカンと言いますが世間ではなんと言っているのでしょう。

約3時間ほど潜って(家内の)収穫はこれです。 タカセミナ。

一方、プロの収穫はこれ。 サザエです。

ウニもいっぱいいたそうですけど、この時期には身が痩せていて、ただ見物しただけでした。

基本的に、磯の漁業権を持っている人じゃないとアワビやサザエ、海草などを採ることは禁止されているのでご注意ください。

でも、観光客用に入漁料方式などで磯遊びができるようになったらいいですね。危険は危険ですけど・・・。

五島特派員 庄司好孝

五島の鮮魚店さん情報

五島の大型スーパー「ダイキョービッグバリュー」さんの中にある鮮魚店「きくすい」さんから、今が旬の五島近海産・鮮魚情報です。

トップバッターはクロムツ。煮て旨し、焼いて旨し。

続いてイサキ。上に写っているアジの大きさもわかってください。

3番はサバ!しぶい選択。いぶし銀ですね。

そして4番バッターはやっぱりこの人。いや、このサカナ。石鯛さんです。

王者の貫禄。でも、お安く仕事します。

5番は大物打ちのカンパチ(外国人?)こちらもお安く働きます。

最後は、地元が誇る天然鯛。都会から来た人たちは皆さん、五島の鮮魚店の安さにビックリしますが、なかでも天然鯛はウソー!というほどの安さを誇ります。

フェリーで五島に鮮魚店ツアーをしても、元は取れますよ。

五島特派員 庄司好孝

5月の五島釣り情報

五島での釣り情報でお世話になっている「ブルーマリン」さんから、これから夏までの釣りの狙い目を教えていただきました。

今の時期はなんと言っても石鯛!が最高だそうです。そうなんです!五島を代表する釣りと言えばやっぱり石鯛ですよね。
型は1kg~5kgでポイントは黄島美郎。だいたい3~10匹くらいは上げてるそうです。
瀬渡し船も紹介していただきました。

①玉之浦の瀬渡し「大鳥丸」  

②荒川の瀬渡し「都丸」  

③福江下大津の瀬渡し「勢幸丸」  

いずれも「ブルーマリン」オーナー店長の田尾さんおすすめの瀬渡し船です。
夜釣りならイサキ。

こちらは、カモ島、久賀島、そして荒川などがポイントで型は300~1kg。10~30匹ほどの釣果。

また富江港や岐宿港、岐宿唐船の浦、三井楽港、三井楽手前の打折港などでは15~25cmのキスが同じく10~30匹ほど上がってるそうです。

それぞれの仕掛けやエサ、また詳しい情報などは「ブルーマリン」さんでお尋ねください。

 

お隣には鮮魚店があるので緊急避難には便利かも・・・。

協力:ブルーマリン   五島市吉久木町1179-1    TEL / FAX 0959-72-4200

五島特派員  庄司好孝

 

 

新入学してもやることは釣りなのだ

ネタひろいで岐宿町の波止場をうろついていたら早速第一釣り人発見!

この日は、「春とは名のみの風の寒さよ」(早春譜)の歌のとおりの海風がヒューヒュー吹いていてまるで冬に逆戻り。風は肌を刺すほどの冷たさでオイチャンには少々辛い天候でしたが、さすが若者はジャージの上下のみで竿を出していました。

彼らは岐宿中学校の新一年生。学校が終わってから、家に寄って釣り道具を持って速攻、岐宿漁港にミズイカかアラカブを狙いに来たそうです。(オイオイ、ミズイカとアラカブでは仕掛けが全然違うんじゃないの)

彼らの愛車です。

タモもちゃんと用意しています。

来たばっかりだったみたいで釣果はまだゼロ。

いっぱい釣れたらこの生簀に入れる予定。

岐宿中学校の立派な釣りバカ誕生です。

ガンバレ!

五島特派員 庄司好孝

魚をさばく! 描く!

五島を代表する料理屋さんの一つ「いけす割烹・心誠(しんせい)」のご主人、佐野誠さんは魚料理のプロ。

でも、実はこんな素敵な一面も持っています。

幼い頃から油絵を描きたかったという佐野さんは、長年の念願叶って昨年の秋に五島市内の油絵教室(実は私の教室です)で油絵を始めました。

続きを読む

図書館で釣り情報ゲット!

これは五島市の図書館です。

以前は「翠仙閣」という旅館だったんです。 しかも高級旅館でした。 そこが閉鎖された時に五島市が買い取って図書館にしました。雰囲気は満点の図書館。

 

続きを読む

五島の鮮魚店さん情報

五島の農家さん達からよく「米はチョボチョボ作るより買った(こうた)ほうが安かぞ」という話を聞きます。

同じように、魚も(少なくとも)「釣るより買った(こうた)ほうが安か」でしょうねー。

ということで、五島の鮮魚店では旬の魚がどんな値段で売られているかのご報告です。

今回、協力していただいたのは九州一円で店舗展開をしている「ダイキョーバリュー・福江店」に店舗を構える「きくすい・福江店」さんです。

 

続きを読む

年末年始はお金いらずの五島です

皆様、新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

さて、都会に暮らしている皆様にとっては、年末の買出しは大変だったことでしょうね。 何しろ年末特別料金。

そこに行くと、五島は良かですよー。 なにしろ農・漁業関係者や釣りマニアの人たちが正月料理(主にお酒のツマミだけど)の材料をワンサカと持ってきてくれるんです。

まずはデカイ鰤から。出刃包丁と比べてください。

これはもちろん刺身。あとは照り焼きが定番ですね。

続きを読む

釣り~春の散歩編~

今、五島では、いろいろな場所で菜の花が咲いて、春の訪れを感じることができます。

暖かい陽気の時は心もウキウキ。
散歩のついでに釣りをしてみようということで、港までの道中で釣り具屋に寄り、餌の調達をしました。
 

続きを読む

釣り~磯遊び編~

今回の五島の釣りは、釣りの片手間にできる磯遊びを御紹介します。

続きを読む

釣り~エギング編~


今回の五島の釣りは、「エギング」を御紹介します。
五島だけでなく日本中で流行りのエギングは、今まで、釣りに興味なかった女性にも人気の釣りです。

エギングとは、エギと呼ばれる疑似餌で、イカを釣る釣りです。
イカの種類はアオリイカ。
五島では、「ミズイカ」と呼ばれます。「ミズイカ」は、甘味があり食べて美味しい高級なイカです。
1年中通して釣れますが、春から初夏にかけては、産卵のために岸によってきた大物が狙えます。
時には、2キロを超えるような超大物が近所の漁港でも釣れたりします。
 

続きを読む

釣り~漁港編~


五島で人気の釣りの1つに『あらかぶ釣り』があります。
『あらかぶ』とは、一般的には『カサゴ』と呼ばれる魚です。冬場がベストシーズンといわれていますが、五島では1年中釣ることができる魚です。身の引き締まった白身は、お味噌汁や煮付け料理が一般的な調理方法です。
 

続きを読む

釣り~魚屋さんレポ~


今回の釣りのコーナーは、五島ではどんな魚が釣れているか知りたくて、創業昭和14年の山本鮮魚店さんにお話しを伺ってきました。朝、お店に行くと魚市で競り落してきた魚がたくさんありました。ほとんどの魚が五島近海で捕れたものですが、温暖化の影響で、沖縄近海の魚が入ってきたり、この時期には釣れない魚が釣れたりするそうです。

 

続きを読む

釣り~体験編~

五島の釣りの素晴らしさをお伝えするためには、私自身が釣りのことを知らなければ。そう思い、奥浦町堂崎に釣りに行ってきました。知人から「初心者でもきっと何か釣れるよ」と教えてもらった場所は、長崎県指定有形文化財に指定されている「堂崎教会」から、歩いて2分の小さな砂浜。歴史的な教会を背に、誰もいない美しい砂浜で、透き通った海に向かう。魚が釣れる釣れない以前に、こんなロケーションで釣りをできること自体、五島の釣りは素晴らしいのかもしれないと、そんな気がしました。

続きを読む

釣り人~ヒラスズキ編~

五島の釣りといえば、なんといっても、クロ(めじな)や石鯛釣りが人気。
長崎や福岡をはじめ全国から週末になると多くの客がやってきます。
一方最近では「ルアー」という小魚に似せた疑似餌を使った釣りもひそかに人気となっています。
五島のルアー釣りで一番のターゲットが「ヒラスズキ」。
銀色に輝く魚体が美しく、大きいものは、1メートル近くになります。
海が時化た日の、しかも荒磯でしか釣れず、その強烈な力の強さから全国のルアー釣りファン憧れの魚として知られています。

今回は、若いころからヒラスズキを追い求め、
全国のルアー釣り愛好者の中でも名前を知られている、
ヒラスズキ釣りの名人、五島在住 荒木潤一さんにお話を伺いました。

 

続きを読む

1 / 212

ホーム > 特派員取材企画 > ながさき大漁旗!

カレンダー
« 2017 年 8月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
五島

ページの上部に戻る