ホーム > ご利益ヨロシク > 五島最古の神社

五島最古の神社

五島で最も古い神社は、持統天皇時代の695年に建立された五社神社です。五島家の始祖、家盛が宇久島で宇久家を起こしたのが1187年ですからそのはるか昔から五島にあったんですね。江戸時代初期に末社4社を合祀してから現在の五社神社になったみたいです。場所は建立当時と同じく現在の上大津町で、創健時のままに御神体・漢鏡一面などの宝物が残されています(見たことはないですが)。

石の鳥居(肥前型鳥居というそうです)もいかにも古く、参道は苔むしています。

手水もすごくきれいで、ちょっとビックリしました。時々そうじゃない神社がありますよね。

歴史の重みも共に担ぐんでしょうね。

いかにも重そうです。

こちらが本殿。 私もお賽銭を入れて「なんでもいいので小さな喜びをお願いします」と願掛けをしてきました。

相撲はそもそも神事だったので、歴史ある神社には必ず土俵があります。

あれ? バーキュー炉じゃないですかー?

違いますね。バチが当たりそう。

その昔はこの神社の近くまでが入江になっていたそうで、すぐ裏手からは弥生・縄文の遺跡が発掘されています。

五社神社は福江港から空港方面に、車で五分ほどです。

五島特派員 庄司好孝

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/goto/wp-trackback.php?p=2543
トラックバックの送信元リスト
五島最古の神社 - 五島 島ブログ より

ホーム > ご利益ヨロシク > 五島最古の神社

カレンダー
« 2019 年 2月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
五島

ページの上部に戻る