ホーム > 軍艦島物語 > 軍艦島物語 その2

軍艦島物語 その2

 明治時代になり、いろいろな実業家たちが事業としての採炭に名乗りをあげました。

しかし、どれも失敗。やがて1870(明治3)年、天草の小山秀之進がどうにか端島炭坑を

 

開きましたが、これもまた失敗に終わりました。

その後、鍋島孫六郎、渡辺元を経て1890(明治23年)に、三菱社が権利を買い取り、

本格的な採炭事業を始めました。

 1893(明治26)年には端島の拡張工事がスタート。

1931(昭和6)年までの間に、6回に渡って工事が行われ、最終的には3倍の大きさになりました。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/nagasaki/wp-trackback.php?p=2710
トラックバックの送信元リスト
軍艦島物語 その2 - 長崎 島ブログ より

ホーム > 軍艦島物語 > 軍艦島物語 その2

カレンダー
« 2019 年 5月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
長崎

ページの上部に戻る