ホーム > 軍艦島物語 > 世界文化遺産で寒グレ釣行。

世界文化遺産で寒グレ釣行。

 世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の1つに「端島炭鉱」がある。端島炭鉱のある長崎市の端島(軍艦島)は、昔から釣りのポイントとして有名で、冬になると寒グレの大型が釣れるため、多くの釣り人が訪れる。私は世界文化遺産に登録される数年前に1度だけ訪れたことがあったが、12月19日、久しぶりに軍艦島に釣行することにした。

 当日は、フィッシングショップオガワでオキアミ生2角とボイル1角、マルキューのグレパワーV9徳用1袋、グレの道1袋を購入し、港へと向かった。

 映画館下のポイント

 ゑびす丸は、野母崎の野ノ串港を午前6時30分に出港し、5分ほどすると夜明け前の薄暗い海に軍艦島が姿を現した。私は、軍艦島の西側に位置する「映画館下」というポイントに上陸した。

 マキエを用意してから、仕掛け(ウキ:ガルツのグレスト(テトラポッツバージョン)のSサイズのG2(GPS:SサイズのG2)、道糸:サンラインのGOLDISHの1.75号、ハリス:Vハードの2.25号を1ヒロ、道糸とハリスは直結)を用意した。

 早速、マキエを撒いてから釣り始めると、当たりがないままツケエサばかりが盗られる。出港前の船長の話では、半ピロから1ヒロのタナでグレが当たってくるとのことだったので、ハリスを半分にカットしてみることにした。すると、すぐに当たりがあり、37cmの尾長グレを釣ることができた。続けて35cm、32cmの口太グレが当たってきた。

 やがて、上げ潮が徐々に動きだした10時頃には、バリやフグなどのエサ盗りが活発にエサを拾うようになり、また、グレの喰いも渋くなりアタリが少なくなった。そこで、ハリスを2.25号から1.75号にサイズダウンすることにした。

 仕掛けを変更して、しばらく繰り返していると、ウキが10cmほど沈んで一旦停止し、一気に海中へと消え去っていった。周囲には、沈み瀬だらけなので、慎重に浮かせてタモ入れした。取り込んだのは、46cm、1.6kgの口太グレだった。

午後になると、潮の流れが速くなり、仕掛けが落ち着かなくなった。その後、潮止まり近くの潮が緩んだ瞬間に33cmの口太グレを追加したところで、午後1時半となったので、マキエを洗い流し、午後2時の回収の船に乗り込んだ。

 筆者が仕留めた46cm、1.6kgの口太グレ       こんな所に乗ってます

 

 お世話になった「ゑびす丸」                この日の釣果

 

 
軍艦島全景

 

<渡船の問い合わせ先>

渡船:ゑびす丸(馬場船長)TEL:095-894-2039
料金:4,000円

<エサ&釣況の問い合わせ先>
フィッシングショップ オガワTEL:095-878-1301

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/nagasaki/wp-trackback.php?p=3713
トラックバックの送信元リスト
世界文化遺産で寒グレ釣行。 - 長崎 島ブログ より

ホーム > 軍艦島物語 > 世界文化遺産で寒グレ釣行。

カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
長崎

ページの上部に戻る