ホーム > 島の細道 | 特派員取材企画 > 防人の島 古代山城 金田城

防人の島 古代山城 金田城

1300年以上前から現在に至るまで、対馬は国防の最前線としての役割を果たしてきました。

今回は、古代の防人(さきもり)が守った山城、金田城(かねたのき)をご紹介します。

 

今から1300年以上の昔、朝鮮半島では唐・新羅連合軍が百済を攻撃し、これによって百済が滅亡しました。その知らせは倭国(日本)にも伝わり大きな衝撃を受けました。その後、百済から百済復興のために援軍を送って欲しいと要請があり、倭国は663年に兵を朝鮮半島へ送りました。

朝鮮半島西部の白村江で倭軍と百済の連合軍は唐軍と戦いますが、倭軍が大敗。朝鮮半島から撤退しました。その結果、大和朝廷は唐や新羅の来襲に備え、665年から667年にかけて福岡、佐賀、山口、奈良、香川、対馬に城を築き国防の備えとしました。

特に朝鮮半島に近い対馬の金田城は、来襲の見張り、煙をあげての(烽)九州本土への通信など、重要な役割を担っていました。

金田城は美津島町の城山(じょうやま)にあり、周囲は風光明媚なリアス式海岸、浅茅湾が広がっています。アクセスは徒歩による山歩きと海上からシーカヤックや小型船で上陸の2種類がありますが、今回は徒歩で三ノ城戸までご紹介します。

県道24号線から金田城入口へ入り、車で約5分。登山道登り口に到着。ここからは徒歩で登って行きます。

登山道とはいっても、旧軍道なので道幅も広く歩きやすいですが、立ち止まると薮蚊の攻撃を受けます。虫除け対策をしっかり行って歩きましょう。

登り始めてすぐに、大きく湾曲した木を発見!

登山道は切り立った崖沿いに続きます。(落ちたら這い上がるのに苦労しそう)

登り始めて20分。眼下に浅茅湾が広がる、見晴らしが良い場所に出ました。

さらに歩くこと3分ほどで、三ノ城戸へ到着。山裾へ向かって石塁が続いています。

この三ノ城戸から二ノ城戸、一ノ城戸と山を囲むように土塁や石塁が続きます。

その技術の高さと、規模の大きさに古代、大和朝廷の国防に対する感心が伺えますね。

名称:金田城跡(かねだじょうあと・かねたのき)
場所:長崎県対馬市美津島町
アクセス:厳原港から車で25分。空港から車で15分。(登山口まで)
ご注意:慣れない方はガイドの同行をオススメします。

ガイド 
千年旅ガイド・・・0920-54-3595ホームページ
対馬観光物産協会・・・0920-52-1566ホームページ
 


より大きな地図で 金田城 を表示

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/tsushima/wp-trackback.php?p=2349
トラックバックの送信元リスト
防人の島 古代山城 金田城 - 対馬 島ブログ より

ホーム > 島の細道 | 特派員取材企画 > 防人の島 古代山城 金田城

カレンダー
« 2018 年 6月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿
最近頂いたコメント
カテゴリー
携帯で見る
対馬

ページの上部に戻る