ホーム > ながさき大漁旗! | 特派員取材企画 > 漁火(いさりび)の島 いか釣り漁業

漁火(いさりび)の島 いか釣り漁業

漁火

 沖に輝く無数の灯り。昔から対馬ではよく見られてきたいか釣り船の漁火です。

対馬のいかは長崎県下で一番の水揚げを誇り、新鮮なまま福岡や関西などの魚市場へ出荷される他、干しするめや一夜干し、塩辛などに加工され販売されています。

いか釣り漁船

 対馬のいか釣りは、昭和30年代に自動巻上げ機とパラシュートアンカーが普及したことから発展。平成4年をピークに漁獲高を伸ばし続けました。その後年々減少し、近年の燃油高騰が加わり収益が悪化していることから、出漁を見合わせる船も多いようです。(本文と写真の漁船は関係ありません)

いか釣り漁獲高推移

いかのカーテン

 対馬島内でよく聞く言葉に、「対馬は漁師が元気じゃないといけん!」というのがありますが、その通りだと思います。昔は漁村に行くと干したスルメイカがずらっと並び「いかのカーテン」といわれていた光景も、あまり見かけなくなりました。漁火とあわせて後世に残していきたいものです。

対馬特派員 鍵本泰志

参考資料 長崎県漁船漁業構造改革推進事業実績報告書

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/tsushima/wp-trackback.php?p=3677
トラックバックの送信元リスト
漁火(いさりび)の島 いか釣り漁業 - 対馬 島ブログ より

ホーム > ながさき大漁旗! | 特派員取材企画 > 漁火(いさりび)の島 いか釣り漁業

カレンダー
« 2018 年 12月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の投稿
最近頂いたコメント
カテゴリー
携帯で見る
対馬

ページの上部に戻る