shikiri_v.jpg

ご利益ヨロシク 壱岐特派員武原|2012.2.24

大潮のときに現れる神秘の参道~小島神社~

DSC_0987.jpg

 壱岐島内で一番小さい鳥居を見つけました。なぜ、こんなミニ鳥居が海岸横の道路に作られているかというと・・・

DSC_1013.jpg

 本物の鳥居は、なんと内海湾の海の中にあります。いつもは海の中にあるので、この「小島神社」には渡れません。月に2回の大潮のときにだけ、この鳥居がはっきりと現われます。太陽と月の引力によって起こる海の潮の干満。その干潮のときに海が割れて神秘の参道が現れます。

DSC_0993.jpg

 干潮のときは、鳥居をくぐって、島の反対側から神社に登ることができます。

DSC_1004.jpg よく手入れされている境内。干潮の時間に合わせて、神社の総代さんが渡っておられるのでしょうね。

DSC_1005.jpg




 境内からは島の東部、石田町山崎方面が見えます。この内海湾は、弥生時代に一支国と大陸を行き交う古代船が停泊し、小舟に乗り換えて人や物を王都「原の辻」へ運んだところです。

DSC_1008.jpgDSC_1014.jpg

 古代のロマンが感じられます。

DSC_1011.jpg

 「この右端の丸い岩が海水で見えなくなると、すぐに潮が満ちてくるから、気をつけなさい!」と、セッカ打ちをしていたおばさんに教えて頂きました。

DSC_0990.jpg この神秘の参道は、なかなか渡れないからこそ、ご利益がありそうですよ!でも、神社の小枝すら持ち帰ることは許されていないので、ご注意ください!また、大潮の時期に合わせて来られることを、おススメします!古代のロマンと宇宙のエネルギーを体感できるこのパワースポットにぜひお越しください!

<アクセス>

*住所  芦辺町諸吉二亦触1969
* 郷ノ浦港から国道382号線を勝本方面へ。
  親和銀行の交差点を右折、県道173号線を芦辺方面へ。
  田河小学校を正面にみて、左折。
  島の駅一番館の先を右折し、左京鼻方面へ下り、
  海側に下ると、小島と鳥居が見える。


大きな地図で見る

shikiri_v.jpg

LinkIconHOME | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9