shikiri_o.jpg

愛しの島グルメ|長崎スタッフ|ながさん|2011.10.10

諫早名物とナゾの甘味!? びおたれの正体

 長崎グルメ・第2回めは諫早市にお邪魔していろいろ探してみましたよ。諫早の名物といって何が思い浮かびますか?

mucchan.jpg

むっちゃんまんじゅう(一個120円)?(↑コレ)
ちなみに……むっちゃんとは、有明海の珍味・むつごろうのことで、
それを形にした回転焼。諫早で知らぬ者はいまい…。
黒あんやカスタードとスイーツオンリーかと思いきや、ハンバーグなどの
甘くない具入りもあります。商店街・アエルいさはやの
スーパーでしか購入ができないので、立ち寄った時にぜひゲットしてみてください。
小腹どころが大腹が満たされそうな勢いですぞ。

gyunyu.jpg それとも諫早牛乳?(↑コレ)
ちなみに…諫早の学校給食で出てくる、その名も諫早牛乳。
諫早市内の有名スーパーで手に入れることができます。
この凛々しい書体と佇まい。どこかで見たような
パッケージだけど、そんなことはノープロブレムっす。




kusabuki.jpg

 話はかなり飛びましたが、担当はびおたれを思い出しました。で、さっそく諫早市森山町にある草ぶきに突撃取材。

biotare.jpg biotare2.jpg びおたれって何じゃ?という方へ。コレです! スイーツです!!諫早でも、とくに森山地区で昔から家庭で作って食べられていた甘味で、さつまいもとお餅の2つを混ぜた素朴な味。草ぶきでは、さつまいもとお餅を同じ鍋で蒸して、いもを多めにしているとか。砂糖などはほとんど加えず、

 いも本来の風味を生かした逸品。各家庭によって、きなこをまぶしたり、こちらでは、あんこトッピングとなっています。

 さっそく試食させていただきましたが、最初あんこをつけずに食べてみると、ほんのりと甘いさつまいもフレーバーが口の中にふわっと広がりました。さらにあんこバージョンでいただくと、あんこの甘みが加わり、さつまいもとあんこの見事な競演が! 150円と激安なのも大きな魅力です。

 名前のびおたれは、びぉ~んとのびるからついたらしい。実際にスプーンで持ち上げてみたら、ホントだ、のびた!このびおたれのことを、べたもちという方もいらっしゃるそうです。長崎市民にべたもちと言うと、ぼたもちと思っちゃいますね。びおたれはほか、森山町内の産地直送所でも購入ができますよ。

sobadango.jpg

 担の食べっぷりがあまりにいいのか、ご主人から「最近新しく作ったんでどうぞ」と言われ、そばだんご(450円)もいただくことに。そばがきにきなこをまぶしていて、食感は少しやわらかめのお餅といったところ。きなこの香ばしさに、ひっそりと隠れたかのような、つつましいそばがきの風味。温かいので、これからの寒い季節にぴったり。

そばだんごはこちらのオリジナルです。

麺工房 草ぶき
場所:諫早市森山町本村777
TEL:0957-36-0887
営業時間:11時~15時、17時~20時半
定休日:火曜の夜と水曜日


大きな地図で見る

shikiri_o.jpg

LinkIconHOME | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8