shikiri_b.jpg

ながさき大漁旗! 長崎編特別寄稿|奥野賢志|2014.4.11

長崎市野母崎樺島「桃瀬」、クチブトグレ釣行

002-2.jpg

12月23日に長崎市野母崎にある樺島へとガルツのフィッシングレポーターの田渕氏と釣行しました。

長崎市の平山町にある釣具店「フィッシングショップオガワ」でオキアミ3角とマルキューのV9スペシャルとV9徳用を1袋ずつ混ぜ合わせてから樺島港へと向かった。

私たちは、午前6時出港し、桃瀬に上礁した。早速、仕掛け(道糸:サンラインのS★KING1.75号、ウキ:ガルツのD-SENSE(ホワイト)の0号、ガルツプレッシャークッション(GPC)のSサイズ、ハリス:Vハードの1.5号)を用意して釣り開始。

足元にマキエを打って、仕掛けを竿2本先に投入する。投入した仕掛けは沖から足元へと寄せてきて、左へと瀬を巻き込むように流れている。流せる範囲がせまくかなり釣りにくく、おまけに寒波の影響かエサ盗りの活性も低く、グレの喰いもかなり渋い状況であった。
001-2.jpg筆者が仕留めた41cmのクチブトグレ。
午前中、辛抱強く仕掛けの投入を繰り返していると、30cm級のクチブトを数枚釣り上げることができた。
003-2.jpg41cmの口太グレと 視認性抜群の「D-SENSE」ホワイト。
満潮の潮止まりとなったので、昼食をとり休憩してから釣りを開始する。しばらくすると、下げ潮が左沖を流れはじめ、足元からはその本流筋へと引かれ潮が発生した。

すかさず、マキエを足元に入れてから竿3本先にマキエを先打ちし、仕掛けを投入して、さらにマキエをかぶせる。仕掛けが馴染み3ヒロほどのタナで視認性抜群のD-SENSEがスパッと消え去り竿引きの当たりとなり、慎重に寄せてくると良型のグレが浮いてきた。タモ入れし検量すると41cmの口太グレだった。

同行した田渕氏も30cmクラスの口太グレをヒット。
005-2.jpg同行した田渕氏も30cmクラスの口太グレをヒット。
この後も繰り返すが、30cm級を仕留めただけで納竿時間となってしまった。

004-2.jpgこの日の全釣果。

<渡船の連絡先>
渡船:寿丸(松下船長)
TEL:080-5203-0056
料金:3,000円
ホームページ

<エサの解凍予約>
フィッシングショップ オガワ
TEL:095-878-1301


shikake.jpg
<使用したタックル>
ロッド:シマノ ファイアブラッド グレSPサーベイヤー
リール:シマノ BB-X テクニウム 2500DXG
道 糸:サンライン S★KING 1.75号
ハリス:サンライン Vハード 1.5号(2ヒロ)
ウ キ:ガルツ D-SENSE(0号)
    ガルツ ガルツプレッシャークッション(GPC)のSサイズ
ハ リ:オーナー 速手グレ 5~6号

shikiri_b.jpg

| 1 | 23 | 4567891011121314151617181920212223242526272829 | 30 | 31| 32| 33 |
| 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 424343