shikiri_b.jpg

ながさき大漁旗! 長崎編特別寄稿|奥野賢志|2015.8.12

福江大立神で口太グロ爆釣。

4月11日に五島列島福江島へと会社の同僚と釣行した。私は、前日の夕方のフェリーで福江島入りし、早朝から玉之浦へと車を走らせた。 6時前には、大鳥丸が出港する玉之浦港に到着し、準備を済ませて荷物を積み込み、6時15分に玉之浦港を出港した。 玉之浦港を出ると北風が吹いているので、西側の磯を避け船は南下していき、大瀬崎灯台付近から瀬付けを開始し、私たちは、「大立神」へと上礁した。

01ootategami.jpg上礁した大立神

マキエと仕掛け(道糸:サンラインのブラックストリームマークXの1.75号、ハリス:ブラックストリームの1.75号、ウキ:ガルツの匠グレの2B、GPS(Sサイズ)のBを使用した半誘導仕掛け)を用意し、ハリスにはガン玉のG7をハリ上50cmのところに1つ、ウキ止めを3ヒロのところにつけた。

マキエを足元と小立神の周りに入れてから、仕掛けを投入し潮に合わせて少し張り気味に仕掛けを流していくと、穂先にコツンと当たりがあったので、すかさず竿を立てるだけの合わせを入れる。久しぶりのグレの引きを楽しませてもらい取り込んだのは、40cmオーバーの丸々とした口太グレだった。

02kutibuto.jpg1尾目の口太グレ

続けて、タナを調整しながら探っていくと、3~5ヒロのタナで調整しながら釣っていくと、30~40cmのクチブトが1投毎に当たってくるので、35cmオーバーだけキープしていく。

10時をすぎると、小立神の沖側を本流が勢いを増して流れ始めた。この潮の流れなら尾長グレが当たるかも、と思い、ハリスの中間にG6のガン玉を追加して、本流を狙ってみる。

小立神の周りと引かれ潮にマキエを撒いてから、本流の中に1杯、仕掛けを本流に投入してから、ウキの周りに数杯撒いて流していくが、数投してもツケエが盗られないので、直結部にガン玉のG5を追加することにした。すると、30mほど流したところで道糸を引っ張るような当たりがきたので、穂先でききながらアワセをいれる。

本流の重みも喰わって重量感たっぷりの引きを楽しませてもらいタモ入れしたのは、43cmの口太グレだった。続けて40cmの口太グレが当たってきが、狙いの尾長グレではないので、直結部のガン玉をG5からG6に変更して少し浅いタナを意識して狙うことにした。

仕掛けを投入して、時折張り保つことを意識しながら流していくと、パラパラと出ていた道糸の出方が遅くなったので、スプールに指を当てて道糸の出を止めていると、穂先を押え込むと同時に道糸が弾かれるアタリがきた。先ほどよりも鋭い引きで、磯際まで寄せてきてからも幾度となく突っ込みをみせる。数度の突っ込みをロッドワークで交わし、取り込んだのは45cmの尾長グレだった。
午後からの下げ潮も上げ潮と同じ方向にゆっくりと流れている。仕掛けを投入すると、ツケエだけが盗られるので、仕掛けを変更することにした。ウキを匠グレから巧派グレ(Mサイズ)の0号にGPS(Sサイズ)のG5とし、ハリスもVハードの1.5号に変更した。タナは、再び3ヒロからスタートすることにした。

早速、30~35cmの口太グレが釣れてくるので、タナを半ピロほど深くして、マキエを仕掛けの投入点に先打ちし、間隔をあけて潮上側にずらしながら3杯ほど撒いてから仕掛けを投入する。そして再びウキの潮上にマキエを2杯ほど撒いてから仕掛けを流していく。すると、ウキの頭を抑えるだけの当たりがあったので、穂先で誘ってやると、巧派グレが海中へと消し込んでいった。

竿を立てると重々しい引きをゆっくりと楽しんで取り込んだのは、45cmの口太グレだった。 この後、下げ潮が動くことはなかったが、30cm~40cmの口太グレが退屈しない程度にあたってきた。

03_tyouka.jpg

04tyouka.jpg

納竿は、午後5時だったが、4時すぎには納竿し、磯を洗い流し回収の船に乗り込んだ。

長崎編特別寄稿 奥野賢志

マップ

<渡船の問い合わせ先>
渡船:大鳥丸(永尾船長)
TEL:090-1165-0091
料金:4,000円

06data.jpg

shikiri_b.jpg

| 1 | 23 | 4567891011121314151617181920212223242526272829 | 30 | 31| 32| 33 |
| 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 424343