shikiri_b.jpg

ながさき大漁旗! 長崎編特別寄稿奥野賢志|2015.1.1

母崎沖の三ツ瀬コブ瀬でグレ三昧!

01kobuse-.jpg01kobuse-.jpg上礁した三ツ瀬のコブ瀬

11月11日に長崎市野母崎沖の三ツ瀬に釣行した。船長の話では、水温が安定しないせいか、全体的に食い渋っているとのことである。

02kouryoumaru-.jpgお世話になった光隆丸
そのような状況を考慮して、ウキには、巧派グレSサイズの0号とスティックマーカーミニを使用したシンプルな半誘導仕掛けを用意した。ヒラスが単発で当たってくるとのことなので、道糸・ハリスともに3号とした。

まずは、2ヒロのタナで狙うことにした手のひらサイズのイスズミやバリが入れ食い状態となったので、休憩して潮変わりを待つ。

下げ潮が動き出したので、釣り座に戻るとマキエの下でイスズミやバリに混じってマキエを拾うグレが確認できるようになってきた。

タナを半ピロ深くして2ヒロ半に変更して、マキエを先打ちしてから仕掛けを投入する。ウキがスッと押さえ込まれたので、すかさずアワセを入れてタモ入れしたのは37cmのオナガだっ。

次を狙うが、潮が巻き込んでいくようになったので釣り座を移動する。

マキエを撒いて海を観察すると、潮はゆっくりと沖へと流れており、グレがマキエを拾っているのが見える。しかし、下げ潮によって海水温が低下したのか、エサを拾うタナが深くなっている。船長の話では、食いも極端に渋くなるということだったので、仕掛けを変更する。

ウキを巧派グレから暁のG2へ、その下にGPS(Sサイズ)のG3へと変更した。ハリスも3号から2.5号へとサイズダウンし、長さは2ヒロ半とした。

マキエを足元に撒いてから仕掛けも足元に投入して流していくと、ウキが少しだけシモっているので竿先で誘うと竿引きの当たり、取り込んだのは、42cm、1.3kgのオナガだった。

onaga-.jpg筆者が仕留めた42cm、1.3kgのオナガ
続けて、40cmのオナガを2匹と35cmのオナガを1匹、最後にタナを3ヒロにして40cmのオナガとクチブトをそれぞれ仕留めて納竿とした。

これから三ツ瀬は、12月から2月まで50cm、2kgオーバーのクチブトが期待できるので、近いうちにまた釣行したい。

makie-.jpgtyouka-.jpg

当日のマキエ           当日の釣果

mituse-01.png

shikiri_b.jpg

| 1 | 23 | 4567891011121314151617181920212223242526272829 | 30 | 31| 32| 33 |
| 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 424343