ホーム > ご利益ヨロシク | 特派員取材企画 > 女嶽神社の御神体~巣食石~

女嶽神社の御神体~巣食石~

前回の島の細道で紹介しました「男女岳ダム」のすぐ近くにあった、女嶽神社の御神体~巣食石~。

最初取材に行った時は、どこにあるのかわからず、どこから行くのかも知らずに、たどり着けませんでした。

そこで、今回はナビゲーターと一緒に再チャレンジ!

 

 

 まずは、前回の様子をおさらいします!

車がやっと通るほどの道の両側には、うっそうとした木々が生い茂り、まるでトトロの森に迷い込んだようで、かなり不気味。

一人で来たときは、
あまりの不気味さに、途中で引き返したい気分になったほど。

下の看板を見つけて、ほっと一安心。でも、その御神体がどこにも見当たりません。

 

 

 

 

仕方なく、諦めて帰る途中、とてもきれいなウラジロを発見!
お正月飾り用として、売られていましたよね。

私が育った地区では、今でも、子どもたちが地区の全ての家庭に配るために、山に入って採って配っています。

子どもたちも家族の一員として、お正月の準備をし、伝統を受け継いでいくことを大切にしているのですね。

壱岐にもそんな伝統が残っているのかもしれません。

 

今回は再チャレンジし、やっと御神体を発見!

看板から100メートルほど斜面を下ると、
なんと、3メートルほどもある巨大な大岩が出現!

大きな割れ目に、人間も入れるほどです。
岩というよりも、何か大きな物体というほど不気味な感じ!

看板のある上の方から見ても、全く見えないほどの位置にあるので、要注意!

赤い土の斜面を下りると、
途中にも大きな岩がいくつもありました。

このあたり一帯が、かなりのパワースポットのように感じました。

観光資源にもなりそうです!

 

 

 

 

 

 

 

この巣食石のある場所から見ると、正面には男岳があります。
本当に向かい合って、いい感じです。

男嶽神社の御神体の大岩よりも、
女嶽神社の御神体が遥かに大きいというのも、
ちょっとおもしろいですよ!

 

正面の一番高い所に、男嶽神社の展望所があります。

この御神体の場所から下に下りる道も整備されていて、「男女岳ダム公園」につながっていました。

散策するには、とてもいい場所ですよ!

   

最後に、看板があるところから、もっと上に登って、女岳山頂にある女嶽神社へ。

 

 

 

 

 

 

お正月用に鳥居もきれいに飾ってありました。

また本殿には、見事な祭壇も設置されていました。

それにしても、御神体と神社の場所が全く違うところにあるのは、とても不思議です。

この山深い神社まで、歩いて登り、信仰していた昔の人たちの神々への畏敬の念を感じた一日でした。

<女嶽神社へのアクセス>
・郷ノ浦港から国道382号線を勝本方面へ。
・亀石交差点を右折し、芦辺方面へ。
 月読神社を過ぎ、当田交差点を左折し、勝本方面へ。
・T字交差点を右折し、男嶽神社の看板を目印に進むと、
 左手に女嶽入り口の看板がある。(かなり細く急な入口なので要注意!)
・そこから山道を上がった山頂。

ホーム > ご利益ヨロシク | 特派員取材企画 > 女嶽神社の御神体~巣食石~

カレンダー
« 2018 年 7月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
壱岐

ページの上部に戻る