ホーム

壱岐 島ブログ

年1行事「町内ごもり」!?

私が住む芦辺浦の町には年に1度「町内ごもり」という行事が開催されます。

「町内ごもり」この面白い名前の行事で何をするかというと、上の写真の通り、町内の人皆で、ご飯を食べてゆっくり温泉に入ったりお酒を飲んだりする、何ともゆる~いアットホームな行事なのです。

 

今年初の町内ごもりは、壱岐島の温泉地区である湯本の「壱岐島荘」に来ました。

お神酒を回して乾杯!

この後、ゆ~っくり食事し、温泉に行きたい人は温泉へ、お酒を飲む人はカラオケをしたり、11時~15時位まで自由時間です。

私は海女漁があるため、残念ながらご飯を頂いたあと先にお暇致しましたが、町内皆で集まって和気あいあい自由に時間を共有できて、何だか癒されました。

来年の町内ごもりは、ゆっくりあばちゃんやおじちゃん達とお酒飲んだり温泉につかりたいと思います。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐の海

こんにちは!

5月から海女漁が始まり6月初旬まで毎日ウニ漁の日々を送っておりますが、

私にとって海はパワーをもらえる場所です。

ウニ漁の最中もこんな光景が!漁の合間に防水カメラで撮影しました。

 

 

お魚達が私の後を追っかけて常に何匹かうろちょろと私の周りを泳いでいます。

 

この魚はチヌという名前の魚。

 

別に私のことが大好きでくっついてきてるわけではなく(笑)

私たち海女さんがウニをとる時に失敗したウニの殻等、おこぼれを貰いに来るのです。

ここには写っていませんが、真鯛やクサフグも常に近くでうろちょろ。

私たち海女もウニ漁に夢中なので魚達は全く警戒せずに近づいてきます。

こんな風景も海女の仕事の楽しみの一つになっています。

さあ、明日も頑張るぞ!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐の絶品ウニ三昧!

先日、5月生まれの家族と友人の合同誕生日会でBBQを開催しました。

メインディッシュは、今が最盛期の「ムラサキウニ」。

 

収穫したムラサキウニをたっぷり乗せて、軍艦巻きを作っちゃいました。

日頃の感謝を込めた大出血サービス。

 

焼いたお肉の横に異様なウニの列が(笑)

 

家族や友人もとっても喜んでくれました。

とろりん口でとろける壱岐のムラサキウニ、今が旬です!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐のムラサキウニ漁本格スタート!

5月に入り私の所属する壱岐東部漁協では、ムラサキウニ漁がスタートしました!

初日の5月1日はBSの「にほん真発見」という番組の取材がありました。地域に根ざした本物の価値や知られざる日本を紹介している番組で、今回は壱岐の海女漁の取材に来てくれました。

 

先輩海女さん撮影の図。

レポーターで蟹江一平さんが来てくれてます。

 

ウニかきを手伝いに来てくれた仲間と家族でパシャリ!

放送は6月7日㈰21時~BSジャパンで放送されます!

是非ご覧下さい!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ウニ漁解禁。節句磯!

4月19日日曜日、待ちに待った節句磯が解禁になりました!

 

節句磯とは、旧暦の3月1日に1日だけ、漁協の組合員じゃくても、地域の人たちがウニ漁をしていい日です。

ルールは、潜らない事。ウェットスーツを着ないこと。

 

こんな感じの姿勢でウニを探すので、翌日筋肉痛になるが人続出します。

私も翌日太腿が筋肉痛になったのは言うまでもないです。

 

 

防水カメラで撮った海の中にいるウニはこんな感じ。

ウニ漁する事約2時間半。

 

ウニ漁を終えてからがもうひと作業。

ウニかきが待っています。

 

今回は取材で来ていたテレビ局の方も半ば強制的!?にお手伝いしてくださいました。

家族4人分のウニかきが終了したのは夜の22時すぎ。

この作業なくして美味しいウニは食べれないのです。

楽しみながらも苦労して収穫したウニがこちら。

ウニかきした後塩水で洗ったウニです。

 

 

黄金に輝いております。

美し~!!!

節句磯は1年に一度ですが、私は5月からが海女漁本番。

壱岐の美味しい紫ウニを収穫します。

5月に壱岐に来たら美味しいウニが食べれますよ~!!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

巨大アオリイカ

じゃじゃん!

 

仕事が終わってからちょっとお散歩がてらイカ釣りに行きました。

一投目でなんと、、、

巨大アオリイカ釣れました!

 

重すぎて上がらないので、イカを低いとこに移動させてギャフ(高い防波堤等でイカを取り上げる道具)で上げてもらう事に。

 

この巨大イカを釣り上げてからぱったりと釣れませんでしたが、

おかずで食べるには充分。

ちなみにアオリイカは冷凍した方が柔らかく甘くなるらしいので冷凍する事にしました。

実食の日が待ち遠しい~です。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐移住組で結成「アイタン会」

先日、壱岐の島で初!

「アイタン会」という名の、壱岐にIターンで来た人たちの集いが発足しました。

 

写真は第一回目のアイタン会。

見ての通り、とーっても盛り上がりました。

皆さん、出身地はもちろん島外で、東京や関西、山口、同じ長崎県の小値賀島、種子島、福島県、ちなみに私は岩手県。と様々な地域から移住してます。

一人一人、出身地や移住のきっかけ、現在の仕事の事等を自己紹介。

 

 

 

 

 

 

 

理由はお仕事や結婚。いろんな理由があれど、この島に移住してきた仲間達。

島に来て良かった事や、苦労した事、共通で話せる話題が沢山あります。

そして、外から来たからこそ解る壱岐の良い~ところや、これから自分がしていく活動で、一緒に協力し合えることはしよう!

そんなきっかけ作りになる「アイタン会」。月1開催予定。

 

 

 

 

 

 

 

今後、面白い展開になりそうです!

 

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

撫でて潜ろう!

壱岐のちょうど真ん中にある「国片主神社」(くにかたぬしじんじゃ)。

この神社は楽しくご利益を願う事ができます。

まずは、撫でる!!

願いをこめて大国さんを撫でるのです!撫でる箇所により願いの種類が違うのでお好みでどうぞ!

 

そしてお次は潜る!

こちらの願掛け鳥居、大人がやっとこ抜けられる幅、、。

生憎、私が訪れた日は雨でしたので潜るのは控えました。

こちらも鳥居の箇所によって叶う項目が違いますので、ご所望の願いの鳥居へどうぞ!

きっと願いが叶いますよ。

 

国片主神社 芦辺港から約15分。郷ノ浦港から約20分。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

島の惣菜屋さん「はっちゃんの台所」。

島に新しいお惣菜屋さんが出来ました!

その名も「はっちゃんの台所」。

似顔絵にそっくりな若いママさんが立ち上げました。

2月にOPENしたばかりだけど早くも近所のおばちゃん達やママさん達が続々買いに来て繁盛しています。

なんと店舗は島のラジオ屋さん。はっちゃんの嫁ぎ先のラジオ屋さんです。

 

 

 

 

 

のお店の中の一角に惣菜スペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お惣菜は壱岐産のものを使ったお惣菜やソースやスパイスもオリジナルの完全手作りです。

 

 

 

 

 

ラジオ屋さんの唐揚げ「ラジカラ」も大好評!

 

壱岐に来られたら是非立ち寄って見てください。

「はっちゃんの台所」 芦辺港から車で約10分。大川ラジオ電気屋さんの中。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

美濃の谷参り(みのんたんまいり)

壱岐のお彼岸の習慣に、「美濃の谷参り」というのがあり、私も今年初めて、

夫の両親と一緒に行ってきました。

島民の人たちは壱州弁で「みのんたん参り」と言っています。

ご先祖の供養もありますが、春のお彼岸は全ての命ある生き物、を大切にという意味があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

1円玉を何枚か持って、

お参りする前に、出店でお供え物とロウソクとお線香を買います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでセット売り。

丸いお菓子は「へそ菓子」と言います。

早速お参り。

一円玉とへそ菓子をお供えし、お参りします。

お参りする道は少し坂道なので杖も置いてありましたが、椿が添えられていてとってもステキな心遣いだなあと思いました。

今日お参りしたのは5箇所ですが、壱岐の中には88箇所お堂があり、全部回る方もいるそうです。

ご先祖に感謝する気持ちと、今生きている事に感謝し大切にする素敵な壱岐の習慣です。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

カレンダー
« 2018 年 6月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
壱岐

ページの上部に戻る