shikiri_b.jpg

ながさき大漁旗! 五島特派員|ナカムラ|2012.3.28

釣り~春の散歩編~

aracab•_Ri.jpg

 今、五島では、いろいろな場所で菜の花が咲いて、春の訪れを感じることができます。暖かい陽気の時は心もウキウキ。散歩のついでに釣りをしてみようということで、港までの道中で釣り具屋に寄り、餌の調達をしました。

nanohana-038_Ri.jpg

 五島の港の釣りというと、アラカブ狙いです。五島では、カサゴのことをアラカブと呼んでいます。
まずは、準備していたワームと呼ばれるエギでルアー釣りに挑戦。ところが、エギでは、なかなか魚が食いついてこなかったので、餌釣りに切り替えて再開。

カサゴは、岩陰や岸壁の隅に身を潜めて、小魚やカニを食べています。その場所を狙って、餌やルアーを落します。仕事の準備をしている漁師さんが寄ってきて、「なんば狙っちょっと?」(なにを狙ってる?)と話しかけてきました。こういうシチュエーションも港釣りのいいところ。

 ブリの変名は対馬では30~40センチがヤズ(イナダ)、50~60センチがワラサ、70~90センチ以上がブリと呼ばれています。お正月には普段の数倍もの値をつけているブリも今頃は比較的安価で購入できます。今回、厳原町漁協豆酘支所が主催した魚の即売会は、美味しい魚を地元の方にもっと食べてもらいたいと、市価の半値から3分の一くらいで販売されており、近郊から大勢の方が訪れていました。

nanohana-027_Ri.jpg

 釣り場にいる人同士の和やかな会話が夕方の景色と合わさって、なんともいい空気になります。すると、1匹目が釣れました~! 約15センチのカサゴです。小さいカサゴですが、釣れるとテンションがあがります。さすが五島の港。散歩がてらに釣りしても釣れるという凄さ。このあと続けて2匹釣れました。 カサゴはお味噌汁や煮付けに美味しい魚なので、夕飯にはもってこいですね。

みなさんも春の暖かい風を感じながら、釣りを楽しんでみてはいかがですか?


shikiri_b.jpg

123456789101112131415161718 | 19 | 20 | 21 | 22