shikiri_g.jpg

島の祭り!|対馬特派員取材|鍵本泰志|2015.4.6

頑張れ島人! リピーターで繁盛している民泊ごんどう

minpakugondo_02.jpg

権藤令子さん(島自慢・郷土料理保存会所属)
権藤悦教さん(対馬観光ガイドの会やんこも所属  対馬グリーン・ブルー・ツーリズム協会会長)

数年前から対馬に民宿ならぬ民泊(みんぱく)という宿泊施設が増えています。これは欧州で普及している農漁村滞在型のバカンスをヒントに、農林水産庁がゆとりある国民生活と農漁村を含む地域の振興を目的として平成17年に法律を改正。全国的なグリーンツーリズムの普及とともに、農漁村体験ができる宿のスタイルとして広がりました。今回は対馬の南端、豆酘(つつ)で民泊を経営している権藤さんご夫婦に、その人気の秘訣を伺いました。

minpakugondo_800.jpgminpakugondo_03.jpg

民泊には自宅を利用します。違いと言えば玄関に地元の特産品や、観光パンフレットがおいてあることぐらいです。お客様が宿泊するお部屋も見せて頂きましたが、ごく普通の部屋で旅館と違い、かえってくつろげるような感じでした。

minpakugondo_04.jpg

この民泊ごんどうはリピーターのお客様が多く、その理由として地元で収穫された食材で奥様が作る懐かしい郷土料理と、「観光ガイドの会やんこも」に所属しているご主人の観光案内の2本立てで繁盛しているとのことでした。

11年前に漁協に勤めていたご主人の元へ関東の武蔵高校の先生が対馬の事を聞きに訪ねて来られ、翌年より毎年、同校の高校生をホームステイさせることなりました。それがきっかけとなり、その間にご主人は島自慢観光カレッジで2年間、観光ガイドや地域コーディネートの勉強をし、奥様は郷土料理保存会や独学で対馬伝統の郷土料理を学んだそうです。

平成20年に民泊ごんどうをオープンし今年で7年目。郷土料理体験や農作物の収穫体験、ガイドブックには載っていないディープな観光案内など様々な趣向をこらしたことでリピーターが増え、お客様からの手紙には、どれも対馬での楽しかった思い出と感謝の言葉が綴られていました。

minpakugondo_05.jpg

対馬は離島のため、交通アクセスの不便さなどから島外からの観光客が敬遠しがちなイメージがありますが、権藤さんご夫婦のように独自のコンテンツとアットホームな雰囲気の中、日本中からお客様が訪れる宿として成功しているのは他の離島でも参考になるのではないでしょうか?

最後に、「この仕事は大変なこともあるけど、お客様が喜ばれる顔を見ると頑張れる。自分たちの民泊経営のノウハウは、やる気がある方にはどんどん教えるので、さらに多くの民泊が出来て対馬が活性化していけたら良いですね。」と仰っていました。

対馬特派員 鍵本泰志

名称  「民泊ごんどう」ホームページはコチラ ブログはコチラ
住所  〒817-0154 長崎県対馬市厳原町豆酘2566
電話  0920-57-0775(FAX兼用)
アクセス 厳原港から21km車で40分 対馬空港から32km車で55分

shikiri_g.jpg

123456789101112131415161718192021 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 2829