「フェリーきずな」いよいよ就航!

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年4月1日、待望の新船「フェリーきずな」が就航しました。

全長94メートル、総トン数1,800トン、旅客定員768人。

建造費の補助があったため、博多~壱岐~対馬航路の

旅客運賃がなんと2割引。

 玄海怒涛太鼓の
みなさんによる祝い太鼓が鳴り響く中、観光客をたくさん乗せて、郷ノ浦港に初入港!

 

 

 

 

 

壱岐民謡保存会のみなさんによる
「鯛網音頭」「壱州おけさ」の踊りも披露され、観光客も大喜び!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちも大役をはたして、ホッと!

  

本土と島の人々を結ぶフェリーが、名前の通り、お互いの「きずな」を深めるために、大いに利用されることを期待しています。

 

 

 

20年後、この子たちが壱岐の将来を担っていく頃には、
交流人口が増え、日本一豊かな島になっていることを、願いながら・・・。

「「フェリーきずな」いよいよ就航!」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。仙台市の三上と申します、船マニアで船の模型を製作したりしています。突然で申し訳ございませんが、「フェリーきずな」の写真を添付ファイルでお送りいただけませんでしょうか? いろいろな角度からの写真がほしいのでご迷惑と御面倒をおかけいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。

  2. 三上さま、コメント有難うございます。お尋ねの件、あまりいい写真ではなく、参考になるかどうかわかりませんが、データを探してみます。
    しばらくお時間がかかるかもしれませんが、よろしくお願いします。

三上俊彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です