ホーム > 島の人々

島の人々のアーカイブ

第5回壱岐島あいたん会inみなとやゲストハウス

壱岐島に住む、移住者たちのコラボ企画。

Iターンの会、略して「あいたん会」第5回目が、みなとやゲストハウス(開業準備中)で開催されました。

今回は、みんなの故郷の郷土料理やお手製料理やおすすめのお酒などを持ち寄りで開催しました。

長崎市出身の方からは、パリパリの皿うどんの麺を下に敷き詰めた「長崎サラダ」。

山口県出身の方から、いのしし鍋。

北海道出身の方からは、い寿司とぬか漬け。

そしておすすめのお酒や、家にあった焼酎など。

ここでは紹介しきれなほど沢山の持ち寄りで豪華飲み会でした。

昼間の12時くらいから始め、なんと解散したのは23時前(笑)

話に花が咲きましたね~。

次回は桜が咲いた頃にお花見あいたん会です。花見酒で、盛会の予感!楽しみ~

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

今年も壱岐から岩手へ

一昨年、昨年に引き続き、

今年も壱岐から、岩手陸前高田へ贈るメッセージキャンドル作りが開催されました!

震災からもうすぐで5年経ちます。

私が壱岐に来た3年前に、岩手にいる後輩や仲間たちが「高田に輝を」という、

津波で町が流されてしまい、更地になって暗くなってしまった場所に、光を灯して明るい未来を願おう!

という思いで開催されたイベントに、壱岐からもキャンドルを送ろう!!と始まったのがきっかけでした。

最初は私一人で呼びかけ始めた事でしたが、去年からは壱岐の社会福祉協議会の皆さんが主催し、

地元の方々の協力で開催して頂いています。

今年も沢山の方がキャンドル作りに参加して下さいました。

故郷に残って故郷を盛り上げている仲間や地域の人に、

離れた地で暮らすことを決めた私が出来ること。

それは故郷との交流だと思っています。

大きなことはできなくても、自分がいる場所と故郷が、何かで繋がるようなきっかけが作っていけたらと思います。

今年も、壱岐の皆さんありがとうございました!

壱岐からの気持ちが届きますように。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

みなとやゲストハウスのロゴが完成!

こんにちは~!

みなとやゲストハウスのロゴが完成したのでこちらでもお知らせしま~す!

じゃーん!こちらですっ↓

 

 

 

 

私たち夫婦が海に関わった生活、海で繋がった沢山のご縁。

そして屋号「みなとや」のイメージから、碇と灯台をモチーフに使いました。

旅人が立ち寄って、また沢山の縁が出来る様にと願いを込めてます。

 

ゲストハウスを始めるきっかけとなったのは、夫である漁ちゃんが釣りで全国を旅して出会った仲間との縁が人生の財産になったこと。

自分も故郷の壱岐島で旅人の拠点になるような場所を作りたいと思い、ゲストハウスをしたいという夢を、出会ったときに話してくれました。

私も旅先で出会う素晴らしい人たちとの出会いで今があり、そして海女文化を知ってもらえる様な場所が欲しかったので、

ゲストハウスいいね!作ろう!!と意気投合、そしてゲストハウス開業を目指して動き出しました。約2年前のことです。

物件探しに約1年半かかりました。決まりかけてはダメになることもあり、一番苦労したと思います。

でも、昨年の9月にようやく物件が決まり、それからは島内外から約50名を超える人数の方が、ゲストハウス改装の加勢をしてくれました。

そして、先日クラウドファンディングも無事達成し、公開終了となりました。

OPENまであと少しのところまで来ておりますが、本当に沢山の方のご協力でここまで来ています。

そうそう、ちなみにゲストハウスとは、ホテルや民宿と違い相部屋がありトイレやお風呂は共同、共有スペースがあり宿泊者同士が交流しやすい形態の宿です。

私たちの作る宿も、相部屋と個室があり、共有スペースで宿泊者同士はもちろん、地域の人も交流できるような場所にしたいと思っています!

現在ホームページも作成中なので、料金等の詳しい事が固まり次第、また発表しま~す!

そして、宿の進捗情報ですが、先日消防検査が終わり、消防検査済み証の発行待ちです!

お次は、いよいよ旅館業の許可です!!!

いいご報告が出来る様に頑張りますー!!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐ゲストハウス初テレビ取材!

壱岐ゲストハウス「みなとや」初のテレビ取材がありました。

若手芸人さんがゲストハウス改装をお手伝いに来てくれて、一緒に夕御飯を食べました~!

一緒に改装を行い、

壱岐のおいしい~旬のものを食べて頂きました。

他にも壱岐のおもしろスポットが登場予定ですよー!

詳細は是非、放送を見てください。

RKB「スマイル大御殿」という番組で、2月下旬頃放送予定です。

また放送日が決まったらお知らせしま~す!!

 

RKBすまいる大御殿 毎週水曜日深夜0時23分~放送

http://rkb.jp/smile/

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐ゲストハウスの屋号がついに決定!!

現在、絶賛改装中の壱岐ゲストハウスの屋号がついに決まりました!

「みなとやゲストハウス」です。

「三七十屋(みなとや)」はもともと、この建物の屋号で、

近所のおじちゃんおばちゃんも、みなとやさんと呼び、親しまれている屋号を引き継ぎました。

改装はというと、今6~7割くらい進んでます。

この前は自分達で、フロアタイル貼りも挑戦しました。

大工さんに手順を教えてもらっていざ挑戦。

時間はかかったけど、結構綺麗に貼れましたよ~!

さて、春OPENを目指していますが、まだまだやる事盛り沢山!

気合入れて頑張りま~す!!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

第4回アイターンの会in石田町

12月19日、壱岐島のIUターンの人たちの会合「あいたん会第4回」が盛大に開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、副市長や壱岐ビジョンのアナウンサーの方、病院関係の方など新しい仲間も増えました。

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介では告白タイムがあり、参加者の○○さんと、こういうコラボがしたい!

とか、○○さん、英語を教えて下さい!とかそんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私の告白は、壱岐にある三大弥生遺跡の一つ、原の辻遺跡で、「レキシ」という歴史の歌を歌うアーティストのライブを実現させるため、実行委員会を作りたい!と告白しました。

壱岐を盛り上げるため、さらにこの島で楽しく過ごすために、これから色んなコラボが生まれそうです。

ちなみに壱岐の原ノ辻遺跡はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

そしてレキシというアーティストの公式HPはこちら

http://rekishi-ikechan.com/

この原の辻遺跡で聴くレキシの「狩りから稲作へ」は最高だと思います!

これから実現なるか!?

楽しみにしていてください。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐島ゲストハウス経過報告

長崎県壱岐初のゲストハウスを来春OPENさせるべく日々奮闘していますが、、

本当にありがたいことに改装をはじめてからずっと、

島内外から沢山の助っ人が駆けつけてくれています!

主人の釣り仲間や友人やはじめましての方まで。

沢山の人の優しさで出来てきてるんだと思うととても感慨深いです。

来年3月OPENまであと2ヶ月!

後半戦も頑張りたいと思います。

そして、12月22日からクラウドファンディングにも挑戦しておりますので、

良かったらプロジェクトページも覗いていてください!

https://readyfor.jp/projects/6309

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐と全国の海女写真展シンポジウム開催!

11月26日、一支国博物館で、壱岐と全国の海女写真展開催記念で、ミニシンポジウムを開催しました。

基調講演では、写真展の写真を撮影してくださった海人写真家の古谷千佳子さんが、海人写真家になるまでの道のりや、海の素晴らしさを

お話して下さいました。

「海は隔てるものではなく繋ぐもの」という古谷さんの言葉がとても印象的で心に残りました。

そして私の3年間の海女修行報告。

同時開催の漁協直販店の加工品試食会も大盛況!

最期は壱岐の海女さんと古谷さんとのトークセッション。

壱岐の海女さんに、海女のお仕事を存分に語って頂きました。

流石、海で働く女性達は、舞台の上でも堂々と話してくれて、終始楽しくトークセッションができました。

まだまだ後継者不足や資源の枯渇の問題も沢山ありますが、海とともに生きる仕事は素晴らしい人生観を与えてくれると思っています。

壱岐の海女の最高齢は80歳。

私も元気に長く海女を続けたいな~と改めて感じました。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

自転車で日本1周中!

先日、壱岐島に自転車で日本1周中の女の子がやってきました!

今年の5月に埼玉を出発、鹿児島や沖縄も廻って、

縁があって壱岐島にやってきてくれました。

1日我が家に泊まりにきてくれ、ゲストハウス改装のお手伝いもしてくれたよ。

ありがとう~!

そして、なんと昨年9月には、私の故郷の陸前高田へ行き、同級生の実家が経営するお寿司屋さんを1ヶ月手伝ってくれてたと。

まさか壱岐で地元の同級生の話が出来るとは思いませんでした。

世間は狭いとはまさにこういう事だな~。

 

翌日、次の目的地の下関を目指して元気に島を出発していきました。

来年3月にまた壱岐に遊びにきてくれるそう。

その頃にはゲストハウスも完成してるはず!

待ってるよ~!!!

あいぐちかな

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ゲストハウス物件大掃除!deバーベキュー

壱岐ゲストハウスの物件が決まってから大掃除の日々が続いています。

前の持ち主の荷物がほぼそのまま残っており、なかなか大変ではありますが、

色んな面白いものが出てくるので結構楽しいです。

これは蛇の傘。

 

そして2階から大量の炭が出てきました。

これはもう。。バーベキューするしかないやろ!(夫)

 

早速、この日の夜にバーベキュー決行!

お友達も沢山遊びに来てくれました。

ゲストハウス大改装、幸先の良いSTARTです!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

年1行事「町内ごもり」!?

私が住む芦辺浦の町には年に1度「町内ごもり」という行事が開催されます。

「町内ごもり」この面白い名前の行事で何をするかというと、上の写真の通り、町内の人皆で、ご飯を食べてゆっくり温泉に入ったりお酒を飲んだりする、何ともゆる~いアットホームな行事なのです。

 

今年初の町内ごもりは、壱岐島の温泉地区である湯本の「壱岐島荘」に来ました。

お神酒を回して乾杯!

この後、ゆ~っくり食事し、温泉に行きたい人は温泉へ、お酒を飲む人はカラオケをしたり、11時~15時位まで自由時間です。

私は海女漁があるため、残念ながらご飯を頂いたあと先にお暇致しましたが、町内皆で集まって和気あいあい自由に時間を共有できて、何だか癒されました。

来年の町内ごもりは、ゆっくりあばちゃんやおじちゃん達とお酒飲んだり温泉につかりたいと思います。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐移住組で結成「アイタン会」

先日、壱岐の島で初!

「アイタン会」という名の、壱岐にIターンで来た人たちの集いが発足しました。

 

写真は第一回目のアイタン会。

見ての通り、とーっても盛り上がりました。

皆さん、出身地はもちろん島外で、東京や関西、山口、同じ長崎県の小値賀島、種子島、福島県、ちなみに私は岩手県。と様々な地域から移住してます。

一人一人、出身地や移住のきっかけ、現在の仕事の事等を自己紹介。

 

 

 

 

 

 

 

理由はお仕事や結婚。いろんな理由があれど、この島に移住してきた仲間達。

島に来て良かった事や、苦労した事、共通で話せる話題が沢山あります。

そして、外から来たからこそ解る壱岐の良い~ところや、これから自分がしていく活動で、一緒に協力し合えることはしよう!

そんなきっかけ作りになる「アイタン会」。月1開催予定。

 

 

 

 

 

 

 

今後、面白い展開になりそうです!

 

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐から想いを込めて。

今年の3月11日で東日本大震災から4年が経ちます。

2月22日日㈰、壱岐市社会福祉協議会主催の「市民ボランティアの集い」のイベントの中で、

岩手県陸前高田に贈る、メッセージ付きのキャンドル作りが開催されました。

私の地元でもある陸前高田は、2011年の東日本大震災で壊滅的な被害がありました。

 

昨年3月、陸前高田にいる私の後輩が、津波の被害で更地になり、真っ暗になってしまった町に、キャンドルやライト等で光を灯す「高田に輝を」というイベントをすると聞き、キャンドルを集めています!と、島内で呼びかけたところ、沢山の方達が協力して下り、壱岐からキャンドルを送る事ができました。

昨年同様、今年も壱岐から想いを込めたキャンドルを送ろう!

という事で、社協の方や商工会の皆さんが中心になってキャンドル作り会を企画してくれたのです。

 

 

 

 

震災からもうすぐ4年経ち、風化してきているのも現実ですが、こうした気持ちがとてもとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

参加した皆さんに作って頂いたキャンドルは今年も「高田に輝を」のイベントで、町を照らす予定です。

 

 

 

 

壱岐の皆さん、本当にありがとうございました!!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐アスパラが出来るまでの道のり!

先日、壱岐にIターンで新規就農した御夫婦の、アスパラ畑作りのお手伝いに行って来ました。

皆、下を向いて何をしているでしょうか?

 

正解は、「石拾い」です!

 

この作業は手作業なので、とにかく助っ人はいればいるほど助かる!
 

という事で最近、仲間内で次々に加勢に行ってます。

 

子供たちが集まるとこんな感じで遊び場に(笑)

 

汚れるなんて関係なし。

田舎だから出来る英才教育!ではないでしょうか。

 

見てる方も和みます。

 

石を取り除く事で、アスパラの成長を妨げないようにしているのです。

2月中に石拾いを終わらせ、3月にはアスパラの苗を植えます。

また、こちらで壱岐の美味しいアスパラが出来るまでをリポートしますね。

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

海女長竹尾さん

私が海女漁でも、普段の生活でもお世話になっている海女長の竹尾さん。

海の中では人魚の様にすいすい潜り、鮑やサザエをすぐ見つける海女歴50年の大ベテラン。

現在65歳!

写真の様に魚を突くのもお手の物です。

 

しかし、一度陸地に上がると、おっとりしていて上品。

趣味は川柳。

 

その川柳の腕もまたすごい!

川柳のコンテストでも入賞するほどの腕の持ち主。

 

中でも私が好きな川柳がこちら。

 

「母の胸、飛び込むように 海女潜る」

竹尾さんは、15歳の時から海女を習っていて、竹尾さんのお母さんもまた、海女さんだったそうです。

なんだか、感慨深い様な気持ちになる川柳で、とても素敵です。

海女漁に誇りを持ち、趣味も楽しみ、キラキラしている海女長竹尾さん。

「喜寿まで現役で潜るのが目標なの」と、優しく微笑む竹尾さん。

喜寿と言わず、米寿まで現役で潜って欲しいです!

あいぐちかな

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

壱岐の冬の風景

 今年も残りあとわずかですね!

最近は、空気が冷たくよく澄んでいます。

こんな日は、夕日がとっても綺麗です。

 

 

三島の方角に沈む夕日にみとれて、
年末の夕方の慌ただしさをしばし、忘れました。

夕日を浴びて、近くの垣根の山茶花の花が、輝いて見えましたよ。

  

 

もうすぐ、今年もおしまい!

 

 

お墓や地の神様、お寺や神社のお掃除もしないといけません。

 

 

 

 

 

手作りのしめ飾りも頂いたので、大掃除の後に飾って、新年を新しい気持ちで迎えたいと思います。

みなさん、

よいお年を

お迎え下さい~

 

 

 

 

「フェリーきずな」いよいよ就航!

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年4月1日、待望の新船「フェリーきずな」が就航しました。

全長94メートル、総トン数1,800トン、旅客定員768人。

建造費の補助があったため、博多~壱岐~対馬航路の

旅客運賃がなんと2割引。

 玄海怒涛太鼓の
みなさんによる祝い太鼓が鳴り響く中、観光客をたくさん乗せて、郷ノ浦港に初入港!

 

 

 

 

 

壱岐民謡保存会のみなさんによる
「鯛網音頭」「壱州おけさ」の踊りも披露され、観光客も大喜び!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちも大役をはたして、ホッと!

  

本土と島の人々を結ぶフェリーが、名前の通り、お互いの「きずな」を深めるために、大いに利用されることを期待しています。

 

 

 

20年後、この子たちが壱岐の将来を担っていく頃には、
交流人口が増え、日本一豊かな島になっていることを、願いながら・・・。

春を呼ぶ「美濃谷さん参り」

 春のお彼岸の中日、
壱岐の「仏参り」と言われる、
「美濃谷(みのんたん)さん」のお参りに初めて行ってきました。

この日は「道作り」といって、
各地区の道路の畦道などの草を刈ったり、木を切ったりしながら、地元の環境整備をする日にもなっています。

 

きれいに整備された道路を通って、
初めてのお参りにわくわくしながら、

一人で参加してきました。

 

 

 

続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

春を感じる「道作り」

  

 

 

 

 

 

 

これは何かわかりますか?

梅雨にきれいに咲く、アジサイです。

家の前に、きれいな緑色が増えて来ています。

もう春ですね!
毛虫も柔らかい葉っぱを食べたいのでしょう。

   アジサイの葉っぱにしっかりのっていました。

 

 

      

 

 

年に2回、お彼岸の中日に行われる「道作り」のあとは、
家の回りの道路が、とてもきれいになりました。
  この地域もお年寄りの数が増えて、草刈りもする人数が少なくなってきていますが、やっぱり続けていく必要がありますよね。          

 

 

 

タラの芽を発見するのも「道作り」の楽しみです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ガンダム壱岐に上陸!

 郷ノ浦町壱岐文化ホールの敷地内にある「小金丸幾久記念館」に、大きなガンダムが出現。

 

 

 

 

これは、東日本大震災の被災地、宮城県塩釜高校のの生徒たちが、
文化祭で製作したダンボール製のガンダムです。

福岡県青少年科学館に保管されていた6体のうちの2体が、
壱岐の島までやってきています!(4月5日まで)

壱岐市の復興ボランティアが宮城県南三陸町へ行った時の写真と一緒に
展示されています。

また、壱岐市震災復興ボランティア「壱岐活き応援隊第3陣」が、
3月25日~31日前回同様、宮城県南三陸町へ派遣されます。

島の人々の心が、届きますように!!

 

  

 

1 / 212

ホーム > 島の人々

カレンダー
« 2018 年 6月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
壱岐

ページの上部に戻る