shikiri_b.jpg

ながさき大漁旗! 壱岐特派員|武原|2012.3.8

冬の大間、春の壱岐。

DSC_1338-e1330421907865.jpg

 まだまだ、つめたい風が吹いていますが、裏山のウグイスの鳴き方がずいぶん上手になってきています。今、壱岐の島は日一日と、春の気配を感じられるようになってきています。さて、今回のタイトルの意味が分かりますか?

DSC_1302-e1330422664493.jpg これは、東京・築地市場での、マグロの獲れる産地を現わしています。北の大間(青森県)、西の壱岐(長崎県)とも言われています。実は、壱岐で獲れた50キロ以上のマグロは、全て築地に運ばれているそうで、関東方面では、春のマグロは壱岐産(勝本)が主流だとか。
東京の親戚から「壱岐のマグロを食べたよ」と聞いて、壱岐でマグロは獲れているのかなあと思ったくらいです。

 これは、35キロほどのマグロの尾ひれです。勝本漁港近くの七里ヶ曽根という漁場に多くいるそうです。また、勝本の漁師さんは大型釣り竿での「一本釣り」にこだわっているそうです

DSC_1305-e1330430024535.jpg 丸々と太ったマグロですね。これで、35キロほどあるそうです。口は大人の手が軽く入る位の大きさです。 さしみにすると、だいたい100人分位あるそうですよ。壱岐ではマグロという表示はほとんど見られません。壱岐では10キロ前後のマグロは「ヨコワ」と言われ、地元でも消費されています。


DSC_1309-e1330651727603.jpgDSC_1310-e1330652189622.jpgDSC_1312-e1330652331232.jpgDSC_1311-e1330652659557.jpg
DSC_1316-e1330652529254.jpg

 これをどうさばくか、とても興味津々でマグロの解体を見守っていると、腹側にスーッと包丁を入れ、鮮やか な手さばきの料理人。先ずは大きな頭を解体。続いて、背の包丁をいれます。次は、腹側に包丁を入れ、2枚おろし。続いて、4分の1の背側を持ち上げると、あちこちから歓声が!次々とブロックに切り分けて、遂にマグロは全て解体!ここまで、わずか9分の神業。アジの三枚おろしにも時間がかかる私にとっては、マジックショーを見ているような気分でした!

DSC_1320-e1330653218964.jpgDSC_1304-e1330653523579.jpg

 これからいよいよお楽しみの試食です。マグロの内臓は事前にきれいに取り出してあったので、どうしてあるのかな?と思っていたら、湯引きされた内臓がたっぷりのネギと一緒に出てきました。初体験の味でしたが、コリコリとして、ブリワタとも違うおいしさがあります。また、マグロ肝と壱岐産さしみしょうゆ(布谷醤油)を合わせた、マグロ肝しょうゆもありました。

DSC_1321-e1330653640773.jpg また、今が旬のスルメいかと内臓の湯引きもありました。写真ではわかりずらいのですが、刺身には一本一本切れ目が入れてあり、大変やわらかく、スルメいかとは思えない味でした。イカ獲り、イカさばき歴30年。イカの塩辛はテレビの取材も受けたという「イカ名人」のレクチャーを受けながら、大変美味しく食べ、マグロの刺身の前にお腹がかなりいっぱいになりかけていました。

DSC_1327-e1330654875674.jpg ちょうどそのタイミングで、マグロの刺身が登場!!見事なトロと赤みですね~。お腹はかなりいっぱいなのですが、やっぱりおいしいです。さしみのつまの大根の千切りも、とても新鮮で甘みがありGood。 遠慮せずにお代わりもしました。


DSC_1323-e1330655440777.jpgDSC_1324-e1330655235242.jpg

 この他に、壱岐産の「にこまる」のご飯とカジメのみそ汁もありました。壱岐でこんなに美味しい「マグロ刺身定食」が食べられたら、どんなにいいでしょうね~。壱岐最大のマグロ漁港の勝本漁港。ここから200キロを超える大物も揚がっていて、若い後継者も育っていそうです。壱岐の宝物をどう生かしていくか、これからが楽しみです。

DSC_1329-e1330655938258.jpgDSC_1330-e1330656011722.jpg

shikiri_b.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19