ホーム > 島の人々 > 五島・小さな村物語

五島・小さな村物語

2016年が始まりました。

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年末年始は皆さん、なにかとお忙しくて取材のアポイントをいただくのが難しかったので、

困ったときネタの「小さな村」ネタです。

僕が(突然)村造りに目覚めてから、今年で4年目に突入します。

そこで、最初からの村造りストーリーをご披露させていただきます。

鬼岳の中腹にある家内の実家は10年以上無人で、かなりの荒れ方でしたが、

ご近所さんがいない一軒家なのと、備え付けの暖炉に一目ぼれして、こつこつと片付けたり、ごみをせっせと焼却場に運んだりして、

なんとか住める状態にしてから引っ越してきたのが、およそ5年前でした。

住居の他に、畑が約5反と農機具倉庫。そして、五島の名産品「カンコロ餅」の原料になる、スライスした芋を蒸かして干すための「カンコロ棚」。

これです。  ほとんど崩壊してました。

まずは、この「カンコロ棚」を取り除くことから村造りは始まりました。

撤去して整地した状態です。  農機具倉庫が現れました。

最初は、練習を兼ねて右の倉庫を作業小屋に改装しましたが、

ちょっとだけコツがわかってきたので、家内のリクエストの雑貨屋兼ファッションの店を

造っていきます。

もちろん、その前には倉庫の中に入っていた大量のガラクタ(再利用はとてもとても・・・)

の片付けからでした。

まずは、ボロボロになっていた壁などの補強から。

徐々にスッキリしてきました。 天井や梁、柱などはグリーンでペインティング。

レジカウンターや更衣室なんかも作ってみました。

今回のリポートは、とりあえずここまで。(あまり急ぐとネタがなくなります)。

続きは、またの機会にご報告させていただきます。

この村造りリポートが、都会で暮らしていて、第二の人生を島で(できれば五島で)過ごしたいと、

考えられている方々の参考になれば嬉しく、またやりがいのあることになります。

時々は、島暮らしのハウツー(メリット・デメリットなども)も具体的にご報告させていただきます。

五島特派員   庄司好孝

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/goto/wp-trackback.php?p=2862
トラックバックの送信元リスト
五島・小さな村物語 - 五島 島ブログ より

ホーム > 島の人々 > 五島・小さな村物語

カレンダー
« 2017 年 8月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
五島

ページの上部に戻る