shikiri_o.jpg

愛しの島グルメ|対馬特派員取材|鍵本|2012.3.5

対馬の天然あなご

DSC_0009-800.jpg

 「対馬の西沖で獲れるあなごは日本一!まぁ、食べてみらんね」
あなご漁師さんが自信満々で手渡してくれたのは、炭火で焼いたばかりの丸々一匹のあなごでした。意外と知られていませんが、長崎県のあなご水揚げ量は全国一位で、その殆どは対馬での水揚となっています。今回は、2月25日に開催された対馬あなご祭りから、とっておきの島グルメの話題をお届けします。

DSC_0040-800.jpg

 対馬あなご祭りは、対馬産天然あなごの知名度アップと対馬の人にもっとあなごを食べてもらいたいと、対馬穴子籠実行組合が中心となって行っているイベントで、あなご丼や熱々の味噌汁が無料で試食できるとあって大勢の方で賑わいました。

DSC_0003-800.jpgDSC_0003-800.jpg

 対馬のあなご籠漁船は全部で41艘。他の漁場が底引き網や釣り針によるはえなわ漁での漁法に対し、対馬ではイカなどのエサを入れた黒い筒カゴを海底に沈める、あなごカゴ漁が主体です。

 あなごの肉質は白身で淡白。ウナギに比べると脂肪は半分とヘルシーでありながらビタミンA、E、DやBHA、アントシアニンなど皮膚を補強し、細菌に対する抵抗力や目に良い成分が多く含まれています。そのため、お子様の風邪や近視予防にピッタリで、栄養価が高く、100gでビタミンA、E、Dの一日の必要摂取量を摂ることが出来るそうです。

DSC_0024-800.jpg

 対馬で獲れたあなごは、生きたまま関東や関西に出荷されていましたが、近年では島内の加工業者により地元でも販売され消費されています。あなご料理はバラェティに富み、蒲焼き以外にも、にぎり寿し、押し寿司、煮あなご、天ぷら、味噌汁など様々。漁師さんが日本一と胸を張る対馬の天然あなごが島の特産品として有名になる日も近そうですね。

島内で対馬産天然あなごが買える店・食べられる店

買える店
豊玉振興公社直売所     0920-59-0339
スーパーサイキ生産者直売所 0920-54-4017
ホテル空港イン       0920-54-3329
潮菜館みつしま店      0920-54-2005
対馬空港売店        0920-54-4606

食べられる店
お食事処ももたろう     0920-86-3907
対馬新鮮組居酒屋ひでよし  0920-86-2970
対馬かまぼこ店       0920-58-1662
対馬グランドホテル     0920-54-9100
味処 千両         0920-52-4406
お食事処 八丁       0920-52-1264
CHINESE RON   0920-52-3013
丸屋ホテル         0920-52-1970
えぶりぃ倶楽部       0920-52-3161
体験であい塾 匠      0920-56-0118

shikiri_o.jpg

12345678910111213 | 14 | 1516171819202122232425 | 26 | 27 | 28 | 29 | 3031