ホーム > 特派員取材企画 > 愛しの島グルメ

愛しの島グルメのアーカイブ

冬のグルメはアヒージョですね

五島で唯一のバル「えみ庄」での冬の人気メニューの一番は「アヒージョ」です。

アヒージョ(ajillo)はスペイン語でニンニク風味の意味だそうですが、オリーブオイルに「小さな村」の農園で育てている

鷹の爪と、ニンニクをたっぷりと入れて、アンチョビペーストをちょこっと加えて、グツグツとアチアチになるまで煮立てたら、

魚介類から野菜まで、自分が好きなものを入れれば、ハイ!出来上がり。

スペインのバル(居酒屋)での人気おつまみです。

ワインとの相性が抜群ですけど、日本酒熱燗もなかなかイケテます。

ただし、ものすごく熱くなるまで煮立てるので、専用のアヒージョ鍋じゃないと途中で割れる可能性大です。

そこで、今この時期の瞬の食材と言えば「牡蠣」!

「牡蠣」のアヒージョです。

五島には、特産の石花(せっか)という小さい粒の岩牡蠣がありますが、アヒージョには不向きなので、大粒の久賀島産の牡蠣です。

そして、アヒージョの定番と言えばエビ。

さらに、五島ならではのキビナゴ。

野菜の定番は、マッシュルームです。

他にも、ゴボウのササガキや、プチトマトなんかもすごく美味しくいただけます。

変わったところでは、なんとサキイカもアリ!です。

あ!忘れてました。

タコ! タコはふっくらになって最高のアヒージョ具材です。

アヒージョ鍋がなかったら、小さなフライパンで試してみたらどうですか。

もちろん、具材は五島の食材でお願いします。

五島特派員 庄司好孝

自家製バジルペースト

我が家、というか「小さな村」の農園ではいろんな種類のハーブも栽培しています。

とは言っても、ハーブ(なんか)もともと雑草みたいなもんだから、種をまけば、ほっといてもワンサカ生えてきます。

今回は、バジルを使ってイタリアンでよく使われる香味料のひとつ、バジルペーストを作りました。(家内が・・・)

まず、葉を摘んで良く洗います。  ハーブ系は摘んでも摘んでもどんどん生えてきますよ。 なにしろもともとは雑草だから。

良く水気を切ってから、根性を入れてすり鉢で摩り下ろします。

ここまでがんばります。 (もちろん家内が・・・)

本来は松の実を使うんですが、五島では売ってないのでピーナッツで代用。

軽くローストしておきます。

次にニンニクを摩り下ろします。

こちらもオリーブオイルを加えてフライパンで軽く炒めておきます。

全部を混ぜて、塩胡椒とレモン汁を足して、ゴリゴリします。

はい、できあがりました。

このバジルペーストは家内が経営している「ダイニングバル・えみ庄」で

パスタやカプレーゼ、マリネなどに使っています。 

五島特派員 庄司好孝

ウコッケイとチャボのミックス

僕の家は、五島のシンボル「鬼岳」の中腹の山ン中のほぼ一軒家です。

4年ほど前から、自宅周辺の荒地や雑木林をコツコツと切り開いて「小さな村」造りをやっています。

現在までに完成したのは、家内がやっているファンシーショップとレディース・キッズのお店。絵画教室を兼ねているアトリエ。石釜ピザの店。木工作業所。家内担当の農園(全部種から栽培しています)。 そして、カモ10羽とウコッケイ&チャボの飼育小屋です。

ウコッケイとチャボは別々の小屋で飼育していたんですが、何かの折にちょっとだけ同居させたことがあったら、その後ナントビックリ!

ウコッケイとチャボのミックスが生まれてきたんです。

これがオス。

こちらがメスです。

ご存知のように、チャボはものすごく小さい鶏で、ウコッケイは割と大柄です。

でも、このウコッケイとチャボのミックスはウコッケイと同じサイズです。

ビックリしたのは、オス・メスともに模様がまったくオリジナルですごくきれいだということでした。

これはモノになるんじゃないかと、県の五島振興局・農林水産課に話を持って行ったんですが苦笑いをされただけでした。・・・・・

まぁ、それはそれ。

すっかりチャボッケイ(こんなネーミングです・・・)にはまってしまって、今では30羽のチャボッケイたちがほぼ毎日、卵を生産してくれています。

 

 

模様は安定していないんですが、チャボッケイの特徴はしっぽ(鶏もこんな言い方でいいんでしょうか)です。

しっぽだけはしっかりとチャボのしっぽです。

チャボッケイ。 他にも創った人はいるんでしょうか?

もし日本初ならば、将来は五島オリジナル地鶏にしたいなー、と考える馬鹿な私でした。

五島特派員 庄司好孝

クエづくしは五島ならでは

友人からクエ(アラ)をいただきました。

五島のクエと言えば、大相撲九州場所の優勝祝賀会で、必ず幕内優勝力士に食べてもらうチョー高級魚です。まさしく魚の横綱。

クエの一般的な料理方は鍋ですが、今回は市内のダイニングバル「えみ庄」のシェフ・ゆうちゃんに無理を言って、鍋以外のクエづくしを料理してもらいました。

・・・鍋なら僕でもできるから・・・

まずは、これもいただきもののサザエとクエの刺身。

釣上げた当日のクエの刺身は、お隣のサザエに負けていないくらいの歯ごたえです。

続いてはあら炊き。

絶品!プリプリ!ウマウマ!

そしてー。 塩焼きです。こっちも最高です! 優勝力士だってクエはチャンコでしか食べないんじゃないのかな。

最後は、お酒のお供。  クエの胃袋と肝、エラの湯引きです。

都会人悶絶! でしょう。

さらに追い討ち。

なんと、この翌日にも別の友人からこんなに頂き物。

ビバ! 五島! ちなみに一本釣りの天然鯛もコリコリでしたよ。

目標は自給自足の生活

五島に限らず、でしょうが一般的に地方であればあるほど(都会的な)ライフスタイルは不便になるんでしょうね。

でも! それに反比例して土地の値段は都会を離れれば離れるほど(つまり、不便になればなるほど)グングン安くなっていきます。

我が家は五島のランドマーク・鬼岳の中腹にあるのですが、前途の法則通りに土地価格は信じられないほど安いので、自宅と畑スペースを合わせて

約5反ほどの広さです。東京ドームでいうとバックネット分のスペース?

だから野菜などは作り放題。

畑の東側半分です。左奥はウコッケイ小屋で現在は22羽飼育中です。ウコッケイの玉子はムチャウマですよ。

これは、コーン粒がジェリービーンズみたいにカラフルなグラスジェムコーン。

こちらは白ナス。 味は、まぁ普通です。

こちらはパッションフルーツ。十分に熟したら種までおいしく甘く食べられます。

トマトは腐るほど(本当に1/3ほどは腐らせているかも・・)生るので知り合いなどに配っても配っても処理が追いつきません。

そこで! ドライフルーツ。(担当・嫁)

カラスに盗られないように園芸ネットをかぶせたら、後はひたすら干すだけ。かな?

結果は4~5日後に出るでしょう。

米作りも考えたんですが、知り合いの米農家の人が「米は作るより買ったほうが安かぞ」と言ったので

無駄な努力はやめます。 魚は時々(タダで)いただけるのを年間予定に組み込んでいます。

現在の自給自足率(いただき物も計算のうち)は50%!

五島だからできるんです!

 

五島特派員 庄司好孝

五島ならではのバーベキュー

先日、ライブをやるために東京から来た、友人のロックミュージシャン(川上真樹)夫婦を熱烈歓迎するために、五島の友人たちに声をかけて、食材持ち寄りバーベキューを開催しました!

見てください。この豪華食材!

まずは、川上夫婦が鹿児島から取寄せた薩摩地鶏。(写真はごく一部です)

続いては、五島の友人がこれまた(どこかから)お取り寄せの生ハム。右は私がスーパーで買ったお安いアメリカ牛。申し訳ない。本当なら五島牛でした。

そして、ジャジャーン! 五島と言ったら~~~。

これです!  アワビ! &  サザエ!  右は高瀬ミナです。 こちらは漁師のこー君プレゼンツ!

ドドーンと網に乗せましょう。 

刺身にもしちゃいました。

高瀬ミナはアヒージョでいただきます。アルミホイルに包んでいるのは、先日農家の方に(いっぱい)いただいたジャガイモのホイルバター。

写真はありませんが、ビールは漁協から買ってきた氷でギンギンに冷やしました。  クーーー。

かかった料金はほとんど飲み物だけの、チョー豪華バーベキューのご報告でした。

五島に住んでて良かったなー。

五島特派員 庄司好孝

梅干作りに挑戦

一週間ほど前に友人から、「梅のびっしゃなっちょっけん取りに来んね?」(梅がいっぱいなっているから取りにおいで)と言われたんで(家内が)違う友人と二人でいただきにいきました。

こんなにいっぱい。

また、たまたまですがこれも違うお友達から赤紫蘇をいっぱい頂いたんです。

偶然にしてはできすぎでしょ。ありがたやありがたや。

こうなったら梅干を漬けないとね。(家内が)

まず梅をしっかり洗います。(もちろん私じゃありません)

洗い終わったら果実酒を作る容器に塩と梅を交互に入れていきます。ここらへんはネットで教えてもらいました。

今度は赤紫蘇の準備です。色がついてない葉や痛んだ葉、枝を丹念に取り除きます。そして、たっぷりの水で数回、水を替えながらしっかりと洗います。

水気をしっかりと切ってからアク抜き。

これが大変。(だったみたいです)

仕込み終了。 私は話を聞いただけでした。

一週間後の今日の状態です。

見た目はもう食べれそうなんだけど。

楽しみです。僕の分は後で鰹節を入れてカツオ梅にします。これくらいは自分でやりましょう。

五島特派員 庄司好孝

おっ洒落ーな喫茶店


福江港ターミナルから徒歩で約5分の場所に、1979年の7月に(まだ若かった)ご夫婦でオープンした喫茶店「こふひいや」さん。

お店の外観です。  雰囲気あるでしょ。

ご主人の山口さんが「こふひい」と「けえき」担当で、奥様の正江さんが料理とプランターのお世話係り。

先日、写真左側の窓を改装して、自慢のケーキが通りからも見えるようにしました。

お店の中もシックです。 落ち着きますね。

「こふひいや」さんは雑誌などいろんなメディアで紹介されていますが、昨年は人気漫画家でエッセーシストの松鳥むうさんのコミックエッセー「島旅ひとりっぷ」にも正江さんが登場しています。

ここで作者が食べているのが「こふひいや」の人気スウィーツ「みるくぷりん」です。東京の某老舗有名デパートに何年も出荷していました。

容器もガラス瓶になっていてクラシカル・モダン?というやつですか。容器が2次利用できるから一挙両得ですね。

昨年、東京で8年半ケーキ修行をしていた次男の航君(趣味のギターはなかなかの腕前です)が帰省してきて、それまでにも人気だった「こふひいや」の手作りケーキがさらにグレードアップしました。

もちろん、常時10種類ほどあるショートケーキの他にも、様々な記念日などにオーダーメイドのケーキも人気です。

今回、使用させていただいた写真は全て奥様の正江さんの写真を使わせていただきました。

彼女の写真は、五島市の広報表紙などにも使われています。

取材協力 : 「こふひいや」 五島市栄町2-14 / 電話 0959-72-5777

五島特派員  庄司好孝 

石窯でピザ

島でピザを焼く。 なんちゃって地中海気分。

続きを読む

絶品!丸カンボコ

これって壱岐や対馬にもあるんでしょうか。 五島では「丸カンボコ」と言っていますが正式には「巻き蒲鉾」なんですね。正式名称(大げさな!)は今日初めて知りました。

昔は漁師さんの家ではほとんど手作りで作っていました。 昆布が入っていないタイプや色がついていないタイプ、いろいろあるんですが私的には、色粉できれいなピンク色プラス昆布入りの、このタイプが一番のお気に入りです。

続きを読む

ジャムを作りました

我が家の裏に小ぶりの森らしきものがあって、そこに割りと大きめの栗の木が3本あります。

その栗の木をうまく利用してツリーハウスを作ろうと思い立って、ミニジャングル状態になっていたのを(言葉通りに)切り開いたら、なんと色んな果実の木が出てきてびっくりしました。

これが、とっかかったばかりのツリーハウスでその奥がかってのミニジャングルです。

 

続きを読む

いただきものグルメ

五島に住んでいるとしょっちゅう海の幸、畑の幸のいただきものに預かります。

続きを読む

五島の食卓

「今度五島に行くんだけど、おいしいとこ教えてよ」と言われたとき、私はしばし考えて、「家」と答えるときがあります。もちろん、おいしいお店は五島にいろいろあります。おすすめもしたい。けれど、五島のふつうの「家」の料理も自慢したいな、と思うのです。つい先日、実家の食卓にはこんなものが並びました。上の写真、なんだかご存知ですか?「トサカ」という海藻です。赤く、ちょうど鶏のトサカのような形だからトサカと呼ばれています。ゆでると上のような色になります。「これどうしたの?」と聞いたら、実家の母は「今、大潮だから」と答えました。・・・今、大潮だから!島ならではのセリフですね。大潮だからよく潮が引いて、ふだん入手できない海藻を海岸でとることができる。大潮だから、食べられる。食卓と自然が連動していると気持ちが元気になります。

続きを読む

名物!海鮮ちゃんぽん

想像してください。濃厚な海の幸のダシがきいたちゃんぽんの香りが 湯気とともに立ち上っている。その香りは、パソコンの画面を通ってあなたのもとへ・・・ 五島市にある「加賀」の海鮮ちゃんぽんです。 じつは五島市で生まれ育ちながら、大人になるまで加賀の海鮮ちゃんぽんを食べたことがありませんでした。 それが、最近やたらと「加賀の海鮮ちゃんぽんがうまい」と評判を聞くのです。 先日は2日つづけて「加賀やさんの海鮮ちゃんぽんは食べたか?」と聞かれました。 これはもう行くしかない!ということで、うわさの加賀へ。 五島の市街地から、三井楽へ向かう国道沿いを車で走ることおよそ5分。 看板が目立つのですぐにわかります。

続きを読む

ソトノマ

地元の人みんなの「第2ののリビングルーム」。きっとそんな思いが名前にこもっているんだろうなと思いました。五島市の本山小学校の裏手にオープンしたカフェ「ソトノマ」。おいしい朝ごはんが食べられると聞いて、島ブログの「グルメ」の取材をかねて行ってきました。

続きを読む

アラカブの味噌汁っ!

「魚は好きじゃないけど、アラカブの味噌汁は好き」という人が、私の周りにはけっこういます。ほかにもそんな人は多のかな?と思い、「魚 嫌い でも アラカブの味噌汁」で検索してみました。するとやっぱり!「子どものころ魚嫌いだったのにアラカブの味噌汁だけはお代わりしてた」とか「魚が嫌いな妻もアラカブの味噌汁だけは好き」とか。やるなあ、アラカブの味噌汁!もし「人間なんかみんな大嫌い!でも・・・あの人だけは好き!」そう言われてる人がいたとしたら、、、アラカブの味噌汁のすごさがわかると思いませんか!?

続きを読む

魚の中の魚!刺身の中の刺身!

都会で出会った人に「私は五島出身です」と言うと、たいていの人は「海がきれいでしょう?」もしくは「お魚がおいしいでしょう?」というリアクションをします。どちらの答えも「YES」なんですが、今日は特に「お魚おいしいでしょう?」に関することを書いてみたいと思います。

続きを読む

グルメ~五島豚~

 

みなさんは、五島豚を知っていますか?

今回の愛しのグルメは、あまり知られていない五島豚を御紹介します。

続きを読む

グルメ~五島うどん~

 

今回の愛しの島グルメは、うどん好きの中でも人気の高い「五島うどん」を御紹介します。
初めて五島うどんを見た人は、「素麺?」と間違えるほど、他のうどんと比べ、麺が細くなっています。
「手延べ」で作られている麺は、コシが強く、切れにくいのが特徴です。
天日干しされた麺は、ミネラル豊富な潮風の恵みをたっぷり受けて、乾麺になり、生では味わえない小麦の味わいがより引き出されています。

続きを読む

グルメ~五島地鶏しまさざなみ~

みなさんは、五島地鶏を知っていますか?

今回の愛しのグルメは、「五島地鶏しまさざなみ」の生産者、さざなみ農園の梶山さんにお話を伺ってきました。

「しまさざなみ」とは、軍鶏(しゃも)の雄と横班プリマスロックの雌を交配させた地鶏です。
飼育管理プログラムのもとに飼育されていて、魚粉・五島茶・大豆粕・とうもろこし・ひじき・米ぬか・牡蠣の貝殻などを粉々にしたものに椿油をかけてエサにしています。
大豆はたんぱく質、牡蠣の殻は骨を強くし、卵の殻が硬くなり割れにくくなるそうです。
それぞれ、現地のものでバランスを考え、コストはかかるけれど、鶏の完全な旨味を求め配合されています。

続きを読む

1 / 212

ホーム > 特派員取材企画 > 愛しの島グルメ

カレンダー
« 2017 年 6月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の投稿
最近のコメント
過去記事のアーカイブ
カテゴリー
携帯で見る
五島

ページの上部に戻る