shikiri_o.jpg

愛しの島グルメ|壱岐特派員取材|武原|2012.3.19

レトロな島の味(2)匠の技!本格手焼きせんべい

DSC_1177-e1331608324964.jpg

 愛しの島グルメでずっと紹介したかった、昔懐かしいみそ風味のせんべいがこれです。やっと念願の取材ができ、できたてホヤホヤを頂いてきました。今回は、この「壱岐の島せんべい本舗」の本格手焼きせんべいをご紹介します。

DSC_1176-e1331639292407.jpg 早朝5時半から火入れをし、半日かけて約4,000枚のせんべいを焼くという、4代目の山内豊さん。今までよくお土産に買っていたのですが、実際に焼いているところを見せて頂けるということで、友人と二人、喜んで取材に行きました。


DSC_1173-e1331642556454.jpg 取材当日はかなりの寒さだったのですが、大きな焼き釜の側にいる半日いる山内さんは薄着です。この大きな焼き釜の周辺はとても暑く、特に夏はたまらない暑さだそうです。夏はたまらない位、暑いそうです。


DSC_1162-e1331639956457.jpgDSC_1175-e1331641276614.jpg

 この機械は、九州でも壱岐・湯布院など、4台ほどしかないという貴重な焼き窯だそうです。まず、せんべいの生地を鉄板の上に流し込みます。

DSC_1165-e1331641917369.jpgDSC_1174-e1331642774276.jpg

 5枚のプレートがあって、1周回るうちに焼き上がるようになっています。1枚のプレートで12枚のせんべいが焼き上がります。手早く鉄板から剥がしています。しかし、これは形が丸で、いつも食べているせんべいの形ではありません。よく見ると、焼き上がったものを手早く指で挟んで、窪んだ木型に並べて、上から木で抑えて、せんべいのかたちを整えていました。すると、いつも見ているせんべいの形が現れ、ビックリ!

DSC_1156-e1331642270925.jpgDSC_1170-e1331643350396.jpg

 まるで、魔法の指のようです。

DSC_1167-e1331643501489.jpgDSC_1163-e1331643790467.jpg

 この小分けの包装は、箱入りのギフト用です。最近、なかなか味わえない昔懐かしい本格手焼きせんべい。全て手作業で、丁寧に、愛情たっぷりに作られているからこそ、味わいがあり、全国にファンがいるのがうなずけます。

DSC_1481-e1331643958317.jpgDSC_1483-e1331644259792.jpg

 家庭用には、鬼凧と壱岐の観光地も印刷されている大袋がお得です。生姜風味のせんべいも人気です。作っているところを見せて頂いて、ますますこのせんべいのファンになりました。壱岐の自慢のお土産物として、全国にPRしていきたいなあと感じました。まだ食べたことのない方は、是非食べて下さい!

shikiri_o.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20| 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27