ホーム > 島の細道 > 秋空の下に広がる白絨毯「対州そば畑」

秋空の下に広がる白絨毯「対州そば畑」

秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、対州そばのそば畑をご紹介します。

 

そばの歴史は古く、最古の物では縄文時代に入ってきたといわれています。

対州そばはそのソバの原種に近い姿を保っており実は小粒ながら、通常のソバよりも強い風味を持っているのが特徴です。

ソバの花が咲けば、もうすぐ冬が訪れます。

昔から対馬の人達は一面に咲くソバの花を見て、冬が近づいてくるのを感じていたのかもしれません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yurapuka.net/tsushima/wp-trackback.php?p=4072
トラックバックの送信元リスト
秋空の下に広がる白絨毯「対州そば畑」 - 対馬 島ブログ より

ホーム > 島の細道 > 秋空の下に広がる白絨毯「対州そば畑」

カレンダー
« 2018 年 12月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の投稿
最近頂いたコメント
カテゴリー
携帯で見る
対馬

ページの上部に戻る